もみの木ハウス新潟は、健康にやさしいモミの木の家を建てることを専門とする建築会社です。

通常の家のマイナス点

例えば断熱のお話し

断熱の考え方の大事な部分は「総合的に考える事」です。

断熱は断熱材だけの問題ではありません。
もし断熱材、サッシ、換気システム、間取り等を総合的に考えられないと、断熱性能の数値だけが良い「夏暑くて、冬寒い」家になってしまう恐れがあります。

そこで、全体の断熱レベルをどこまで求めるのか?が大切になります。

今の基準で言うと「建築基準法レベル」なのか「長期優良住宅レベル」なのかと言うところです。
建築基準法は「建築の最低レベル」を決めた法律です。この基準をクリアしている家は「冬寒くて、夏暑い家」になる事は間違いありません。

「冬暖かくて、夏涼しい家」だと「長期優良住宅レベル」まで上げる必要があります。

断熱材が凄い性能を持っているからって断熱材だけを凄いレベルに引き上げても開口部が普通だとそこが大きな穴になります。

断熱材に合わせて全てのレベルを合わせることが大切です。

換気システム、間取り

吹き抜け断熱材の他、換気システムも同様です。
断熱性能に見合う物が必要です。高性能な断熱を施しても外気をそのまま家の中に導入する換気システムでは、そこが穴になります。

間取りも然り。
あらかじめ断熱性能を設定し、それを基に間取りを考えることで、間取りの考え方がまるで変ります。
例えば 吹き抜けです。
吹き抜けをリビングに配置して、 全館冷暖房の予定で設計した家を予算の都合で断熱レベルを下げたとなると、えらい事になるのは簡単に想像できるでしょう。

冬場に2階からの冷気がリビングに降りて来て、足元が寒く、吹き抜けの天井が暖かい最悪の環境になってしまうことは容易に想像がつきます。

断熱性能は、ランニングコストや快適性に大いにかかわっている部分ですので、 トータルでの断熱性能を設定して家の設計は進めるべきであると考えています。

そのようなことを踏まえ、理想的な住環境について考えてみます。

理想的な住環境とは

お気軽にお問い合わせください TEL 025-201-6888

PAGETOP
Copyright © MOMINOKI HOUSE(もみの木ハウス) All Rights Reserved.