もみの木ハウス新潟は、健康にやさしいモミの木の家を建てることを専門とする建築会社です。

K.K様邸の家づくりSTORY


「5年越し、主人が首を縦に振った家づくり」

北海道から新潟に引っ越しをしてきた、K様ご夫妻。
ご主人の実家は北海道、奥様の実家は新潟。
将来的なことも含めて新潟に家を建てたいと、奥様は考えていたそうです。

しかし、色々な建築会社やハウスメーカーの資料をご主人に進めるも、どうもなかなか首を縦にふらないご主人。
「一度は、家づくりも諦めかけましたね笑」
と奥様は当時をそう振り返る。

転機は3人目のお子さんが生まれたタイミングで、お子様の健康を考え、そこからK様の家づくりがスタート。

しかし、スタートしたものの、なかなかピンと来る建築会社がなく、これまた、ご主人はなかなか、納得しきれず、の様子。

「改めて、建築会社を調べたんですけど、私的にもピンっとくる家がなくて…だから、本当にいっぱい資料を集めたり、各社のHPを見たりしましたね。」

そして辿り着いたのが、情報を丁寧に書いてあった数社のブログだったとのこと。

「その中でも、特に変わっていたのが「もみの木」さんのブログでしたね笑」

「建築会社なのにちょっと突っ込んだ業界の話しを書いてあったり…この人、変わってるなぁ、って言うのが最初の印象でした笑
でも、それと同時にウソを感じなかったですね。」

その後、ご主人にもこの内容を報告。

「『なんだそれ!本当か〜』ってなって笑」

ちょうど、ご主人のお休みのタイミングもあり、
「5年ですよ?初めて、建築会社の見学会に行けることになりましたね。」


「実際に会ってみて、ブログどおりの人だなって思いました」

私たちが、家づくりで一番大切にしていたことは「家族が健康に暮らせること」でした。

私自身も『健康管理士』の資格を持っていて、もみの木さんのブログは読み込んでいたので、本当に健康に良いのか?
という確認作業のような感じで見学会に参加しましたね。

で、実際にお会いして話しやもみの木を体感して
「あっ、ブログどおりの人だな」って思いました。

社長の歯に着せない言い方に、主人は最初ムッとしてましたけど笑
でも、やっぱり家づくりには正論より本当のことを聞きたいって思いがあって。

だから、ほぼ1回目の見学会で夫婦そろって「ここに決めよう」ってなってました。

kk_3
story_03

「もみの木に暮らしてみて、生活が変わりました」

そこから家づくりをするまでは早かったですね。
ブログを読んでいたので、もみの木さんの家づくりの進め方は理解していたので、殆ど社長にお任せでした。

打合せで言えば、「奥さんは右利き?左利?」や「普段はどう言う生活をするの?」
とか、私たちのライフスタイルを中心に聞き取りをしてもらって、そこから、図面にしてもらった感じです。

使い勝手はすごくいいですね。
特に家事とかの生活動線や、私が手芸とかのお店をやっているんですけど、その売り場を作ってもらったことがとても良かったと思っています。

「でも一番は、もみの木の凄さかな?」

例えば、主人はタバコを吸う人なんですけど以前のアパートであれば、息ができないって心配してたんですけど、もみの木で生活するようになって「呼吸ができるようになった」って言ってます。

あとは、もみの木の特徴の一つとして「調湿」があるんですけど、そのおかげで、湿気がまったくなく洗濯干場とクローゼットが一体になったスペースは本当に助かってます。

普通なら、湿気で生乾きとかになるんですけど、全くそういうのはなくて、柔軟剤もやめました。

子供達ものびのみ暮らしているのが良く分かります。
少し体が弱いところがあるんですけど、この家に暮らしてから、生活が良くなったというか、ガラッと変わった感じはしてますね。

お気軽にお問い合わせください TEL 025-201-6888

PAGETOP
Copyright © MOMINOKI HOUSE(もみの木ハウス) All Rights Reserved.