1F4A7343

 

内装材(特に床材)で体感が相当違います。

どんなに断熱性や気密性が高く暖房の効率が良くても床が硬ければ寒い(汗)

空気温が暖かくても足が触れる部分の床が硬いと自分の熱が急激に床に奪われるからそうなるって事ですね。

専門的な言葉で言えば「熱伝導」ってやつです。一般的に硬いものは熱伝導率が高く柔らかいものは熱伝導率が低い。

簡単に言えば硬いものは冷たく感じて柔らかいものは冷たく感じないという事です。

例えば冷蔵庫に鉄とタオルのような柔らかい物を入れて触り比べればわかります。

当然ですが鉄は冷たく感じるしタオルはさほど冷たいとは感じないのは感覚的にわかるでしょう。

しかし温度計で計るとどちらも同じ温度です。

でも体感が違うのは「熱伝導」の違いってことですね。

熱伝導率の違いで体感が違うのは解っていただけたでしょうか?

さて木造の住宅の場合床材は大きく分けて3つの選択肢があります。

①針葉樹の床(杉、ひのき、もみ)

②合板の床(カラーフロア)

③広葉樹の床(ナラ、さくら、ブナ)

の3種類ですが①から順番に熱伝導率は高くなります。

①が一番冷たく感じなくて③が一番冷たく感じるって事ですね。

①の針葉樹の床の熱伝導率は大体「畳」とほとんど一緒で③の広葉樹の床はよく店舗とかで使われるPタイル(プラスチックタイル)と同じです。

もみの木の床は①の針葉樹の床に入ります。もみの床の場合はさらに浮造りになっていますし塗装がかかっていないので、普通の針葉樹よりも冷たく感じません。

だからもみの木の家ではスリッパは絶滅危惧種ですね(笑)

スリッパがなくても冷たくないから必要ないって事です。

「高気密高断熱の家なのに寒く感じる」のは床が原因かもしれません?

そこまで考えてる会社は少ないからですね。

新潟の場合は高気密高断熱ってだけで絶妙に売れます(汗)

断熱性能値だけの比較だけでは快適かどうかなんて解るわけないのにです。

それは相手が素人だから成り立ってる商法です(爆)

「ウチはあそこの会社よりもこれだけ断熱性能が高いですよ」みたいにですね。

でもちゃんとスリッパ置きがショールームに置いてある(笑)

まったくバカバカしい話です(汗)

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!