1f4a8570

 

住宅の快適性には空気環境が大きく関わっていますが、一般的には重要視されていないのが今の建築業界でしょう(汗)

今の新築住宅には24時間換気が法律で義務付けられていますが、自分から言わせてもらえれば空気のリフレッシュという部分では最低限の効果しかない。家全体で言えば完全に役不足ってことです。

計算上では1時間に0.5回家中の空気を入れ替えられるという計算にはなっていますが、あくまでも「計算上」でしかない(汗)

実際は壁があったりドアがあったりします。どう考えても空気の淀む場所が出てきますからね。そんなにうまくいくわけがないと自分は考えますが。

量産メーカーやローコストメーカー、地場の工務店は「24時間換気があるから空気環境はクリーンです」なんて事を言ってきます。

営業マンに実際聞いてみればおそらくそう答えるでしょう(汗)

そう言う考え方ですので、化学物質満載の部材を高気密化した今の住宅に大量投入してきます。

それで出来る家はシックハウスまっしぐらな住宅になるのは当たり前の話になるって事ですね(汗)

でも、法律違反をしている訳ではありませんので建築会社を責めることはできないでしょう?

化学物質の発散量は新築時が最大で引渡し時期が夏場の暑い時期ですと恐ろしい量の化学物質を発散します。ですので自分の場合は普通の住宅の完成見学会に入った時点で「頭が重い鼻水が止まらない目の奥が圧迫される」みたいな事になります(汗)

「本当にこの家に住まわれるんですか?」って聞きたくなります。

自分からしたら正気の沙汰ではないと思ってしまう(爆)

大人の自分ですらそう思うのに、子供はもっと敏感ですから可愛そうですね。

住宅を新築したいと考えたときには「室内の空気環境」は最優先事項かもしれません。

だからうちの場合は内装材がもみの木とオガファーザーになってます。

24時間換気は法律ですのでもちろん効率良く換気できるようには設置していますが、24時間換気が無くても空気環境の良い家になっているって事です。

せっかく建てた家が知らず知らずのうちに家族を傷つけてしまうなんて事は多々あります。

住宅は1度建てたら建て替える事が難しい物になります。

もみの木の家は「住まう家族が安心安全で健康を維持できる家」です。

「家族の安心安全健康」を望まれる人のみ住める家だと思います。

何を優先するのか?

家はちゃんと考えないと後で後悔します。

家族が病気になってから気づいても、どうする事も出来ませんからね(汗)

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!