IMG_2248

 


家の匂いは、各家庭によって違うと思います。

生活の匂いが、壁紙や床について各家庭の匂いは形成されています。

その匂いに対処しようとすると、一般的には消臭剤や芳香剤が必要になってくると思います。

もみの木の家は、どの家に行っても同じ匂いがします!

もちろんですが、もみの木の匂いになりますね。

それが、心地いいです。

もみの木自体は、檜やヒバの様な香りの強い木材ではありませんが、もみの木は天然乾燥されている素材になりますから、木の香りの元になる木の精油成分が残っているからなんだと思います。

来客の人が家の匂いを感じるのは、もちろん玄関になります。

玄関に下駄箱があったり、家によってはシューズクロークがある事もあり、靴の匂いがします。

お世辞にも「良い香り」とは言えない事が多いでしょう。

ですので、それをごまかすために消臭剤や芳香剤がより必要になりますね。

もみの木の家の場合も、下駄箱があったり、シューズクロークがあったりします。

それでも、もみの木の匂いしかしない?

どうなっているかと言うと、もみの木の特徴である消臭効果が発動しているのだと思われます。

これが、もみの木はすごい!

ついでに言うと、玄関は土間やタイルですし、玄関戸は物によっては断熱性能が普通のサッシより落ちる事があります。

つまり、寒い時期は結露が多い場所になります。

そうなると、例えばコート掛けがあったりすればコートに湿気を呼びますし、革靴なんかはそれによってカビを呼ぶ事になりますね。

そうなると、より玄関の空気の環境は悪くなります。

ですので、匂いが発生して当然の場所が玄関になると思います。

そんな環境下であっても、もみの木の家はもみの木の匂いしかしません。

普通の感覚では、理解ができない事かもしれません?

玄関には、消臭剤や芳香剤を置くのが当たり前になっているからですね!

もみの木の家に行った時は、玄関で匂いを嗅いでみてほしいです。

どれ位の効果があるかは体感してみてほしいなと思います。

そのあと帰ったら、自分の家の玄関の匂いを嗅いでみると違いはよくわかると思います

玄関で起こる事が、今度は家の中全てで起こる事になります。

玄関に消臭剤や芳香剤が必要なお家は、匂いが発生するところ全てでそれらが必要になります。

それがあっても、壁紙や床の匂いはとれないので、無くなったら新しいのと取り替えになります。

それが、もみの木の家ではなくなると言う事になりますね。

経済的にもそうですが、自分的には「面倒くさい」が無くなって良いなと思います。

家の内装材で、家の匂いは大きく変わる事になりますね。

「もみの木ハウス協会」の協会会員の「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

 

FM–NIIGATA77.5 毎週火曜日18時33分ごろサウンドスプラッシュ内で「ふんわりあったか!もみの木ハウス」にメッセージを下さい。

内容は家のこと以外でも全然OKでございます。メッセージはこちら→SOUND SPLASH リクエストメッセージ

 

【YouTube動画】

もみの木ハウス新潟 社長のインタビュー(会社紹介)動画はこちら

新潟市南区K,I様インタビュー動画はこちら

新発田市J,Y様インタビュー動画はこちら

 

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!