02

 

高気密高断熱住宅ともみの木の相性はかなり良いです。

そもそも、高気密高断熱住宅は断熱性能を上げて外からの熱の影響を住宅の中に持ち込まない、中の熱を外に出さない様にすることが目的になります。

そうする事によって、冷暖房の効きを良くして温熱環境を高めて快適にかつ冷暖房費を抑えた生活を送れる様にすることがゴールとなります。

さて、快適な温熱環境を実現するには、高気密高断熱の性能は必要不可欠となるんですが、高気密高断熱住宅の弱点もある(汗)

弱点というか、理論上どうにもならない事があります。

それが「湿気(カビ)と匂いの問題」です。

昔は、お風呂やトイレなんかの湿気や匂いを発生させる要因は、家の離れに作られていましたが、今や利便性や敷地の問題で室内に作られる事が当たり前になって来ています。

その状況で、高気密高断熱の住宅は、中の空気を外に出す事が苦手な住宅になる。

もちろん、24時間換気で室内の空気は外に出しているのですが、どうやら場所によっては足りていない事があるようです。

ですので、高気密高断熱住宅の家の中は、カビと生活臭が酷い事が多い(汗)

それを誤魔化す為に消臭剤や芳香剤を玄関やトイレに置く事になりますが、自分からするとそれらが混じり合った匂いは、更にヤバさを増す様に思います(爆)

これは、高気密高断熱住宅がダメと言っている訳じゃなくて、逆に高気密高断熱は今後の家づくりには必須だと考えているから「対策が必要だよ」と思っている訳です。

自分達は、その対策を「もみの木の内装材」でやっているという訳でございます。

もみの木の内装材は、調湿効果と消臭、抗菌効果が優れた素材になります。

湿気を吸ったり吐いたりをオートマチックにしてくれる上に、消臭剤や芳香剤も必要なくなる。

結論を言うと、温熱環境も良く湿度調整もしてくれて、匂いやカビの発生を抑えてくれる住宅を自分達はつくろうと思っています。

その為には、高気密高断熱ももみの木も必須だという事なんですね。

どちらが欠けても、自分達の目指す家づくりは出来ないと言う事です。

 

「もみの木ハウス協会」の協会会員、「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

「もみの木ハウス協会」の協会会員、「もみの木ハウス・おおさか」のブログ←はこちらです!!

「もみの木ハウス協会」の協会会員、「もみの木ハウス・ひょうご」のブログ←はこちらです!!

「もみの木ハウス協会」の協会会員、「もみの木ハウス・かがわ」のブログ←はこちらです!!

仙台でもみの木の家を建てられたお客様のブログです。面白いので見てみてください!!

 

FM–NIIGATA77.5 毎週火曜日18時33分ごろサウンドスプラッシュ内で「ふんわりあったか!もみの木ハウス」にメッセージを下さい。

内容は家のこと以外でも全然OKでございます。メッセージはこちら→SOUND SPLASH リクエストメッセージ

 

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちらモミの木調湿実験

 

技術力の裏付けはここにある⇒イノスグループ

㈱もみの木ハウス新潟がイノスグループから取材を受けました⇛取材記事はこちら

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!