1F4A4343

 

 

新しい家を快適にかつ光熱費をおさえて生活がしたいと考えた場合、住宅の断熱性能は重要な要素になってきます。

 

住宅の断熱性能は、断熱材の性能と窓の性能と窓の大きさと外壁の角(出隅、入隅)の数でほとんどが決まってきます。

 

極端な話、しっかりと断熱材の施工が出来ているとした場合、窓が無い真四角の家が断熱性能の高い家と言う事になります。

 

つまり断熱の穴になるのは、窓と家の角と言う事になりますね。

 

自分の場合は、ほとんどが四角い家になります。

角が少ないと、断熱の穴が少ないので性能アップにもつながりますし、建築コストも削減できるからですね。

 

最近の窓は、トリプルガラスの樹脂サッシが出てきたり、外国製の高性能木製サッシなんかもあり、かなり性能が高くなってきていますが、自分は値段が高いから使いません(汗)

 

窓の大きさや配置さえ気を付けてあげれば、そこまで断熱性能をダウンさせる様な事にはなりませんからね。

 

ちなみに窓にも色々なタイプの物がありまして、すべり出し窓や引き違い窓や片引き窓なんかもあります。

その中でも引き違い窓が断熱性能で言うと性能が一番低いです(汗)

 

自分の場合は、リビングから庭に出るときに使う掃き出しだけは、引き違いを使っていますが、あとはよほどの事がない限り使わないサッシですね。

 

住宅見学会のチラシなんかを見ていて、大きい引き違いの窓を必要以上に多用している物件を見たりしますが、窓の大きさと種類を見ればその会社が断熱性能に気を使っているかどうかがわかりますね。

大きな窓を沢山つけて「太陽光発電で光熱費を削減」みたいな事を言っている住宅会社もありますが、根本的な考え方と言いますか基本をすっ飛ばして何やってるんだろうと思います(爆)

 

断熱性能の部分は、素人がどうこう口を挟める部分ではありませんので、そこはプロが判断してあげるべきだと思いますが、住宅業界は自称プロみたいな人が多いのかもしれませんね(汗)

 

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!

もみの木ハウスのオススメ家具⇒カリモク AID新潟