b63ff3cb7a658b73825345ff9d233d28

 

断熱性能をどうするか?

断熱性能は、数値で表す事ができます。

それがUA値や、住宅に隙間がどれくらい空いているかのC値なんかで表されます。

それは、外皮計算や気密測定で数値として表す事が出来るという事になる。

ですが、そんな事をお客さんが無理に知る必要は無いし、断熱材をどれにしようか?なんて選ぶ事はおかしい事だと認識していただけたらと思います。

つまり、断熱性能は断熱材だけの問題ではありません。

サッシも関係するし、間取りも関係する。

そもそも、高性能な断熱材を選んでもそれを施工する会社が、断熱気密の理屈が分かっていない場合は、数値上は良い数字が出ていても、実際の建物はその性能が出ていない事は多々ある訳です。

だとしたら、頼れるのは「体感」しかないわけです。

ですので、自分達は既に建っているお客さんの家を、新規で来られるお客さんには体感をしてもらっています。

そこでどう感じるか?が大事なんだと思います。

数値で表せるほど、家の中の住環境はシンプルではないからですね。

温度計は快適数値なんだけど「暑く感じる」とか「寒く感じる」とか体感すればわかると思います。

そうなってくると、温度計すらあてにならない訳です。

信じられるのは自分の感覚になるんですが、自分の感覚を信じられない人は多い訳で(汗)

だからこそ、数値で判断をせざるを得ないのかもしれません。

ですので、体感もして、数値も見せて貰えばいいんです。

長期優良住宅であれば、外皮計算はしているはずですし、その数値を見ながら体感もすれば良いんですね。

それで、納得出来れば良いと思います。

ですので、お客さんが断熱材やサッシを選ぶなんて事は、実質意味のない事になります。

そこは、住宅会社が決めるべきだし決めて当たり前なんです。

全ての知識が無ければ、決められない事ですからね!

知識のないお客さんに、そこいらを選ばせるという事は、その「会社には答えが無い」という事なんです。

答えが無いという事は「住んだ人が快適かそうで無いかは、関係無い」と考えていると言っている様なもんです(爆)

それでも、選びたい人は選べる会社で建てた方が良いでしょう。

答えのない会社ですので、施工面には不安を残しますけどね(爆)

 

 

 

「もみの木ハウス協会」の協会会員の「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

 

 

FM–NIIGATA77.5 毎週火曜日18時33分ごろサウンドスプラッシュ内で「ふんわりあったか!もみの木ハウス」にメッセージを下さい。

内容は家のこと以外でも全然OKでございます。メッセージはこちら→SOUND SPLASH リクエストメッセージ

 

 

【YouTube動画】

もみの木ハウス新潟 社長のインタビュー(会社紹介)動画はこちら

新潟市南区K,I様インタビュー動画はこちら

新発田市J,Y様インタビュー動画はこちら

 

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!