1F4A8383

 

「窓をどうするか?」

最近は窓の性能も高くなってきている!とは言え窓は大きければ大きいほど熱の逃げ道になる!

つまり、外の環境に左右されやすくなると言う事になります。

ですので、自分が作る家の窓は大きい物はあまり使いませんね。

大きい窓は、リビングに1つくらいで後は、なるべく熱損失をしないように気をつけて配置と大きさを決めていきます。

そして、窓には色々な種類の窓があり、引き違いが1番熱の損失が大きい。

引き違いの場合、サッシが両方動くので気密性が保てないからですね!

ですので、引き違い窓以外で構成していく訳ですね。

さて、窓が大きいと熱の損失が大きいと言うのは、結構お客さんでも知っている(経験している)人も多いのだけれども、良く言われるのは「明るい家にしたいので窓大きくしたいんです」って奴ですね(汗)

これは、新潟県民アルアルなのか?どうかは分かりませんが、新潟の冬は曇り空がやたら多く昼間でも電気を付けないと居られない!と言うのを皆さん経験しているからなのかもしれません?

その気持ちは、自分もよくわかるのだけれども「窓が大きいと明るい家」と言うほど、単純な事ではないのですね(汗)

そこには、内装材の色や素材も関係してくる訳ですからね。

とは言え、普通の会社で家づくりをする場合、窓の大きさや色は全て選べます。

選べますが、自己責任という事になる(汗)

「夏暑かろうが、冬寒かろうがお客さんが選ばれてますから」って奴ですね(爆)

自分達の場合は、サッシの大きさも種類も色も選べません。

選べませんが、その土地の環境や地域、風の流れ、建てた後のメンテナンス、熱の損失、室内の明るさ、をこちらの経験値をフルに使って、全て決めて行きます。

プロが選ぶ訳ですから、失敗なんてあり得ないって事になります。

「窓をどうしましょうか?」なんて聞いてくる設計士は、自分に責任が来ないように聞いてきているだけです。

素人に聞いてもBestな答えなんてわかる訳無いのに聞いてくるからですね!

窓をどうするか?それはプロに全て任せた方が良いのでは無いかと自分は思います。

 

「もみの木ハウス協会」の協会会員、「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

「もみの木ハウス協会」の協会会員、「もみの木ハウス・おおさか」のブログ←はこちらです!!

「もみの木ハウス協会」の協会会員、「もみの木ハウス・はんしん」のブログはこちらです!!

「もみの木ハウス協会」の協会会員、「もみの木ハウス・ひょうご」のブログ←はこちらです!!

「もみの木ハウス協会」の協会会員、「もみの木ハウス・かがわ」のブログ←はこちらです!!

仙台でもみの木の家を建てられたお客様のブログです。面白いので見てみてください!!

 

FM–NIIGATA77.5 毎週火曜日18時33分ごろサウンドスプラッシュ内で「ふんわりあったか!もみの木ハウス」にメッセージを下さい。

内容は家のこと以外でも全然OKでございます。メッセージはこちら→SOUND SPLASH リクエストメッセージ

 

【YouTube動画】

もみの木ハウス新潟 社長のインタビュー(会社紹介)動画はこちら

新潟市南区K,I様インタビュー動画はこちら

新発田市J,Y様インタビュー動画はこちら

宮城県仙台市Y,T様インタビュー動画はこちら

シュバルツバルトの大きいもみの木に会いに行ってきた。動画はこちら

 

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちらモミの木調湿実験

 

技術力の裏付けはここにある⇒イノスグループ

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!