1f4a9451

 

量販メーカーさんの造る住宅を見て「なんでこんな家がバカバカ売れるんだろう?圧倒的に俺が造った家の方が良いのに!!」って思ったことのある地元の工務店さんは自分だけではないと思います!

自分は正にそう思っていた内の一人でした。

当時の自分が造る家は、性能面も工事の施工能力としても量産メーカーの造る住宅と比べてクオリティーの面で1mmも負けてる要素のないというか、製品だけを見たら圧倒的に勝っている住宅を造っていましたが、受注棟数は圧倒的に負けていましたね(汗)

今考えたら、売れてなかった理由はわかります。

当時の自分の考え方は無駄に職人的考え方だったのだと思います。

つまり「良い物を造っていれば売れる」という考え方ですね。

ですので、知ってもらう努力もさほどしないのに「売れないのはおかしい」なんてマジで思ってたイタイ奴ですよ(爆)

おまけにお客様から「申し訳ないんですが他で建てることにしました」ってお断りされると「あ!そうですか、残念ですが良いお家を造ってくださいね」なんて言いながら「あいつはわかってねーな!馬鹿なやつだ」なんて思ってた超かっこ悪い若造でもありました(苦笑)

確かにモノ造りの仕事ですので製品のクオリティーは第一に大切なことですが、「売れなきゃ話にならない」ってのも事実ですよ。

頼む人がいなければ、腕を披露する場もありませんからね。

「あそこの大工さん腕は良かったのに、なんで潰れちゃったんだろね?」なんてのはよく耳にするフレーズですよね?

つまり製品のクオリティーが高いだけでは物は売れないって事です。

売る力が必要って事だと思います。

勘違いしてほしくないのは「売る力」=「営業力」ではないと自分は思います。

「売る力」ってのは「世の中に必要な物を造っているか」って事と「なんでそれが必要なのかを分かっている事」ですよ。

それを理解しているのといないのでは動き方が相当変わります。

「自分の造る物が理解できなければ他でやって下さい」ってそれは全くその通りなんですが!そこは、少し優しさが足りませんよね?

じゃあ「あなたの造る物を何が何でも理解して貰うための努力は一生懸命してますか?」って事ですよ。

 

例えば、自分の子供が病気になりました。子供はにがいお薬を飲むのを嫌がって全然飲んでくれません。

薬を飲めばすぐに辛い病気が治るのを親が知っている場合、大概の親は「全然にがくないよ」って嘘をついてでも押さえつけてでも一刻も早く薬を子供に飲ませるでしょう。それが本当の優しさです。

「そうだよねお薬苦いから飲まないでおこう」なんてのは馬鹿な親のすることです(汗)

何日も子供がうなされて平気なんですからどうかしてますね??

物を売るっていうのはそれと同じようなものです。

本当の優しさが必要なんです。

 

商売の場合嘘をついたり押さえつけてはいけませんが、お客さんが家を建てると言っていて、自分が建てる家のほうが確実にそのお客さんのためになる自信がある場合は、「なぜ自分の建てる家に住んでほしいのか」をお客さんに納得するまで説明をするはずですよね?

そこが売る力が有るか無いかの違いです。

自分の場合は最終的には「自分の造る物が理解できなければ他でやって下さい」になるんですが(おいおいって感じですよね(笑))

知ってもらうための努力は昔とは比べ物にならないくらい一生懸命やっています。

さらに言えば昔から建物のクオリティーは高かったんですが、今は更にグレードアップしていますので「完全にずば抜けたモノ造りをやっています」と言っても過言ではないです。

要するに「お勧めしないほうが罪」なレベルに来てるって自分では思ってるんですね(笑)

最近はお陰様で色んな人達の協力を頂いて、色んな人に自分のモノ造りを理解してもらっています。

おかげでお仕事も自分ができる範囲ギリギリまで頂いております。

有り難いですね(嬉)

モノ造りをする人間としては「売る力」は「造る力」と同じくらい必要な事だと思います。

ですので今後も両立して頑張っていきたいと思います。

 

しかし、いきなりなんでこんな話を書いたのかというと、この間棚を整理していたら昔の手帳が出てきたので眺めていたら「品質は勝っているのに売れない意味が分からない」って書いてあったからですね(笑)

昔の苦悩を思い出して少し甘酸っぱい気持ちになりました(笑)

若いって愚かだけど素直で良いっすね。

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!

もみの木の家をイベントで体感

ラジオやSNSでも家づくり情報発信中!

株式会社もみの木ハウス新潟  代表取締役 山田雄一

山田 雄一

もみの木ハウス新潟では、夏暑く冬寒いという、新潟県の地域特性に合ったお住まいを提案しています。もみの木を内装材として使用した、健康で快適で安心な家族がふれあう素敵な空間をお客様に提供していきたいと考えております。

もみの木ハウス協会の会員、「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

もみの木ハウス協会の会員、「もみの木ハウス・おおさか」のブログ←はこちらです!!

もみの木ハウス協会の会員、「もみの木ハウス・ひょうご」のブログ←はこちらです!!

もみの木ハウス協会の会員、「もみの木ハウス・わかやま」のブログ←はこちらです!!

仙台でもみの木の家を建てられたお客様のブログです。面白いので見てみてください!!

FM–NIIGATA77.5 毎週火曜日18時33分ごろサウンドスプラッシュ内で「ふんわりあったか!もみの木ハウス」にメッセージを下さい。

内容は家のこと以外でも全然OKでございます。メッセージはこちら→SOUND SPLASH リクエストメッセージ

【YouTube動画】

もみの木ハウス新潟 社長のインタビュー(会社紹介)動画はこちら

新潟市南区K,I様インタビュー動画はこちら

新発田市J,Y様インタビュー動画はこちら

宮城県仙台市Y,T様インタビュー動画はこちら

シュバルツバルトの大きいもみの木に会いに行ってきた。動画はこちら

ラジオを一緒にやっている「新潟住みます芸人」の関田正人さんの動画はこちら

リノベーションモデルハウス動画UPしました。

もみの木ハウス協会竹下理事長の動画はこちら

もみの木ハウス通信
↑ もみの木ハウス・かごしま ラジオやってます!!

もみの木ハウス通信チャンネル
↑ もみの木ハウス・かごしま・おおさか・ひょうご you tube やってます!!

技術力の裏付けはここにある⇒イノスグループ
㈱もみの木ハウス新潟がイノスグループから取材を受けました⇛取材記事はこちら

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!