1F4A4209

 

「どんな生活がしたいのか?」で建てる会社が決まります。

 

とは言え、家を建てたい人が「新しい家になったらどんな生活がしたい」とかはあまり考えないみたいです(汗)

いきなり「どんな家にしようか」みたいな話になるのが普通らしい!!

だから、家造りに失敗する人が居るんだと思います(爆)

 

極端な言い方をすれば「どんな家にするか??」を考えるのは住宅会社の仕事です。

お客様は「どんな生活をしたいか??」だけを考えればいいです。

 

でも、ほとんどの住宅会社は「どんな家にしたいですか?」と聞いてくる(汗)

それは、ほとんどの住宅会社が家造りのプロではないから、そんな恥ずかしい質問を素人にしちゃうんですね(爆)

さらに言えば、お客様に言われた通りに作った方がクレームになった場合「お客様の言われた通りに作ってあるのですが、、、」みたいに逃げれるので、保身の為の質問だったりもします。

 

例えば「新しい家になったら家事をスムーズに行えるようにしたい」とか「ご飯の支度をしながら子供たちの勉強を見てあげたい」みたいに少し抽象的な要望の出し方をお客さんは住宅会社にした方がいいでしょう。

 

それを踏まえて予算と要望を両立した家を造るのが、住宅会社の能力と言う事になります。

 

でも、世の中にはもう一つレベルの高い家造りをしている会社もあります。

お客様の要望を聞いても、その通りにプランをしない会社ですね(笑)

 

相手のお客さんの生活や身体的特徴や性格を加味して、家造りをする手法です。

お客さんの要望がお客さんの生活スタイルにはマッチしない場合も実は相当多い(汗)

 

一般的に言う「妄想」ってやつですが、家造りにおいて妄想しない人なんていません。

問題は「妄想」がそのまま「要望」になっちゃうヤツです(汗)

 

うちの場合はお客様に「お客様の言う事は聞きません」と言っていますが正確に言えば「妄想的な要望は聞きません」と言うのが正確な言い方なのですが、面倒なので「言うこと聞かない」と言う風になってます(苦笑)

 

自分が「住む人達の事がわからないとプランは作れない」と言っているのはそういう事です。

お客さんが「新しい家になったらこんな生活がしたい」と思うのと一緒で、自分も「この人達にはこう生活してほしい」と思う事があるからですね。

 

家造りは皆さん失敗したくないでしょうと思います。

家造りに2度目はありませんからね(汗)

「どんな家に住みたいか」ではなく「どういう生活をしたいか」で家造りは考えられた方が、失敗は圧倒的に減ると思います。

ぜひやってみてください。

 

 

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!

もみの木ハウスのオススメ家具⇒カリモク AID新潟