1F4A5325

 

 

 

もみの木の家は高いです!
て言うか、家って安くても余裕で数千万単位ですから、家はそもそも高い商品ですね!

でも、その中でも、もみの木の家は値段が高いです。
世の中を見渡せば、無意味にもっと高い家はいくらでもありますが、一般的な人達が買うレベルで言えば、もみの木の家は高い方です。

とは言え、値段が高いには理由があるから高いわけで、無暗に高い値段をつけている訳では無い!

金額の全てに裏付けはあるわけですね。

金額差で大きくのは、内装材の違いでしょう。
ビニールクロスやカラーフロアを使っていないのが大きくですね。
内装材は、もみの木とそれ以外はオガファーザーです。
大体ですが、カラーフロアともみの木の床の値段の差は、6倍くらいもみの木が高いです。
さらに、全てでは無いですが、壁や天井にももみの木を張っていて、ビニールクロスとの差額は30〜40倍くらいでしょうか(笑)

しかも、板は1枚1枚大工さんが貼っています。
施工費は、クロス張りの3、4倍は手間がかかっています。

内装材だけでも、普通の家と比べると、結構な金額差はでます(笑
そこに、更に長期優良住宅、制振装置、高耐久外壁、もちろん高断熱高機密、更に10年間社外の定期点検付きです。

つまり、自分達の考える「健康で快適な安心安全の家造り」は、この装備がなくてはできません。

もみの木の家の値段が高いのは、この理由だからですね。

これだけの付加価値を家につけていくと、安く出来ないって事になるんですよね(汗)
無意味に値段が高いハウスメーカーとは違って、もみの木の家には高い理由があるって事になります。

さて、実際もみの木ハウスが造るもみの木の家の坪単価はいくらになるのかですが、大体65万〜75万くらいが多いです。

売ってる側としては、値段以上の家だと思っていますが、買う側からしたら高いと感じるでしょう?

高い理由が分からないからですね(汗)
比べてみると、ビニールクロスとカラーフロアを内装に使っている長期優良住宅の、有名ハウスメーカーの坪単価が90万〜ってのを考えると「安くない?」って思っちゃいますけどね(爆)

世の中、安い物にも理由がありますが、高い物にも理由はあると言う事ですね。
高い理由がネームバリューって事も住宅の場合はあるので、注意は必要ですけどね(汗)

 

新潟市秋葉区で7月15日10時から上棟式を行います。お菓子を拾いに来てください。詳しくはこちら⇒上棟式案内

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!

もみの木ハウスのオススメ家具⇒カリモク AID新潟