1F4A9276

 

住宅は人生最大の買い物に間違いありません。

安くても1000万円を超える買い物ですから冷静に考えるとすごい額ですね!

ですが、残念なことに数千万で購入した住宅の価値は30年以降資産価値は0に近い価値しかない!

いわゆる「ゴミ」になる(爆)

土地の価値は特別何かない限り0にはならないのに、建物は0になる!

それが今の日本の基準で造った家です!

2020年以降は少し様子が変わる事になるでしょうが、今のゆるゆるな建築基準法と企業利益重視の住宅造りでは大きく日本の住宅事情は変わらないでしょう(汗)

つまり作っては壊す「スクラップ&ビルド」は止まらないでしょうね??

日本人は元々良いものを長く使う習慣がある人種なのに、近年は物の価値よりもお金の価値が高くなっているので物を大切にしない傾向がありますが、住宅の場合は金額が高いモノなのに大切にされない(汗)

それは何故かと言えば、「大切にする価値がない物」って感覚的に感じているからだと自分は思います。ほとんどビニール製品ですから仕方ないですね(汗)

今までの家造りの家で築30年後の住宅にお金を出して住みたいと思う人はそんなにいないと思います。

単純に快適な家ではないからでしょうね!

ですので、自分たちが出来る社会貢献って30年後60年後100年経っても快適でお金を出しても住みたいと思われる物造りをすることだと自分は考えています。

自分の家造りのパーツ選びはそこを目指したパーツのチョイスをしています。

ですので、お客様にパーツの選択肢はありません。

自由度のない家造りと言われればそうかもしれませんが、今までみたいに素人に素材の選択肢を与えて30年後に価値のない家づくりをしたくないって事です(汗)

自分の作る家はプランニングも建てるお客様の生活習慣や家族構成にも絶妙にフィットさせるようにはしていますが、ぴったりフィットにはさせません(笑)

すこしだけ余裕を持たせているのは、誰が住む事になったとしても絶妙にフィットさせるためですね。

最終的に子供がその家に住むとは限りません。

貸したり売ったりする可能性もかなりの確率でありえます。

ですので、「誰もが住みやすい」と思ってもらえる家の方が価値が高いですからね!

すべては100年後の資産価値の為です。

これからの家造りは投資の部分を少し考えながらやった方がよいでしょう。

100年快適に住まえる家は1年目も当たり前に快適です。

つまり快適に住まえて、さらに将来資産になる物づくりでないとお金が無駄になるって事です。

しっかり考えないと値段の高い物ですので、損する額も大きいから気を付けた方が良いと言う事ですね。

 

 

イノスグループって何??⇒イノスグループ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!

もみの木ハウスのオススメ家具⇒カリモク AID新潟