1F4A4430

 

家作りで一番重要な事は、お金で失敗しない事です。

お金で失敗するという事は、人生の損失だと考えてください。

さて、住宅に関してお金で失敗する大きな要因が、知識不足になります。

例えば「住宅を建てるために頭金を貯めています」みたいな事も損する大きな要因です。

「頭金を貯めてから、家を買う」というのは、少し古い考え方になります。

昔は確かにそうでした、昔は住宅ローンの金利が高かったので住宅ローンの借り入れが少なければ少ないほど得をしたからですね。

さらに言えば、住宅ローン自体も新築に関するお金の全ては貸してくれなかったので、どうしても購入者は自己資金を持たなければ家を建てることが出来なかったんですね。

その現状と、今の現状は全然違うのですが、親や先輩からそう言われて、それを信じて忠実に実行している人がいます。

その人は、真面目で素直な人だと思いますし、個人的には目的のためにお金を貯めるという事はいい事だと思います。

だけど、親や先輩の情報が現代の状況にはフィットしてないという事です。

今の現状の場合、住宅ローンの金利は1%を切っています。

つまり、住宅ローンを3000万円を35年で借りた場合、仮に金利1%だとすると、年間の返済額は利息と元金の合計が100万円になります。

仮に家賃7万円頭金の貯蓄が3万円だとすると、年間120万円になります。

差額は20万円家を建てた方が、年間経費としてはお得ですよ!

という単純な話ではなくて、仮にこのペースで頭金を180万円貯めるには5年かかります。

年間経費を同じの場合、住宅をすぐ建てた人の場合は、5年後500万円の返済が済んで100万円貯まっていますが、頭金を貯めた人は5年で600万円使っているのは一緒だけど貯まったのは180万円になる(汗)

つまり言うと、頭金を貯めようとしている人が実家住まいで家賃がかかっていないのなら良いのだけれども、家賃を払いながらの場合はどちらが損をしているかは明らかでございます。

ですので「家を買う」と決めたのならば、すぐに動いた方が損はしないです。

だけど、なかなか動かない人がほとんどでしょう。

動かないにも理由があり、それは圧倒的に「情報」がないからの理由が多いです(汗)

「頭金を貯めて、数年後に家を買うと損をする」と言う正しい「情報」があればすぐに動けるが、無ければ動けない。

ただ、それだけのことだと自分は思います。

情報は取りに行かなければ取れません。

情報が取れなければ、損をする!

そうやって格差は広がっていく事になります(汗)

ブログには書けませんが、もっと得をする住宅ローンのコツは自分達は情報として持っています。

情報は、取りに来てくれたらタダであげます。

単純に家作りで損をして欲しくないからですね。

住宅ローンも奥が深いですので、正しい知識を持った人に相談をした方が良いと言うお話でした。

 

 

「もみの木ハウス協会」の協会会員の「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験