1F4A0045

 

ドア(引き戸も含む)が少なければ少ないほど、家の中の移動はやりやすくなります。

小さいお子さんがいる場合、ドアを開けたり締めたりするのに気を使いますが、ドアが少なければそのストレスからも解放される(笑)

 

では、ドアの位置や数を決めるのは誰か?

それは、プランを書いた人ですね。

プランを考える人=設計士と言う事になりますが、設計士の考え方と建てる家の断熱性能でドアの数は決まります。

 

どういうことか?

断熱性能が低い家だと「ドアが無いと寒い」という考えからドアの数は増えるって事!

断熱性能が高い家は、家全体を冷暖房する考え方になりますので、逆にドアは温度の移動を妨げてしまうので「邪魔」と言う考えになります。

 

ところが「高気密高断熱」を売りにしている会社のプランを見ると、ドアの数がやたらと多い場合があります。

それは、設計士の見識と力量が低い事を表しています(汗)

 

もみの木ハウスの場合、玄関からリビングに行くまでにドアの数は0枚か1枚です。

キッチンから洗面脱衣室にいくには1枚のドアを開ければ行けるようになっています。

 

ドアの役割はプライバシーを守るための物と考えていますので、プライバシーを守る必要のあるところしかつけないように自分達は考えています。

 

ドアの数が少ないと言う事は、その分コストカットできると言う事です。

そのコストカットした分を断熱材のコストに充ててあげれば、追加料金を頂かずとも全室冷暖房の家になると言う事なんですけどね(笑)

 

お客様のお金をお客様の為になる様に使うのが自分達の仕事になる。

だから、極力無駄を省くように考えています。

そう考えながら、他の人の書いたプランを見ていると「無駄だなー」と思う事が多々あるんですね(爆)

ドアの数でさえ色々な事が解ると言う事ですね。

 

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!

もみの木ハウスのオススメ家具⇒カリモク AID新潟