1F4A7822

 

 

1年365日1日24時間と言うのは、みなさん平等です。

時間は平等だけど、時間的余裕がある人と無い人がいる!

それは、個人の能力の差なのかもしれませんが、違いは「生産性」の違いが大きいでしょう。

平たく言えば「作業効率の差」になります。

昨今「働き方改革」と言う改革が実施されてます。

簡単に言えば「働く時間を減らしなさい」と言う事ですね(汗)

もっと深く言えば、「作業効率を上げなさい」と言う事なんですが、何もしなくて作業効率を上げる事は不可能です!

そんな事が出来るのであれば、すでにやってます(爆)

どういう事かと言うと、自分達の業界で言えば「設備に投資をして生産性を上げる」と言う事になります。

つまり、「道具を機械化しなさい」みたいな事ですね。

さて、職場の働き方は変わってきますが、主婦の皆さんの作業効率はやはり「個人の能力」次第と言うのは中々変わりません。

家事の個人能力を上げるなんて事は、結構むずかしい事だと思います(汗)

だとしたら、家事を簡略化する以外に、主婦の働き方改革は成功しないという事です(笑)

もみの木ハウスの家作りは、何を重要と考えているかというと「家事の作業効率」プラス「住人の独立支援」です!

家事を効率化すると言うのは、家事動線を考えて作業が効率良く回るようにすると言う事ですね!例えば、お着替えクローゼットを洗面所に作る事によって、洗濯物の処理を楽に素早く行えたりします。

それに加えて、住人の独立支援とはママさん1人が孤軍奮闘するのではなくて、家族が自分の事を自分でオートマチックに出来るようにすると言う事ですね。

これは、簡単なようで難しい事だと思います。

だけど、それは間取りの工夫で出来るんですね!

家事はビジネスとは違って、市場の原理は働きませんので、改善したら即結果が出ます!

つまり、住人がそのシステムに慣れさえすれば、家事は相当楽になると言えますね。

今まで、ママさんが一人で文句を言いながらやっていた事を、家族が勝手にやってくれるわけですからね(笑)

仕事も家事も作業効率が大事ですし、仲間の協力もそれと同じくらい大事だと思います。

みんなで協力してやる事によって、絆と言う物は出来てくるのではないかと自分は思います。

それによって、良い会社、良い家族になるんだと自分は確信をしています。

 

 

【YouTube動画】

もみの木ハウス新潟 社長のインタビュー(会社紹介)動画はこちら

新潟市南区K,I様インタビュー動画はこちら

 

「もみの木ハウス協会」の協会会員の「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

 

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!