1F4A8481

 

自分が考える、これからの住宅に必要な要素が3つあります。

1つ目は、構造性能

2つ目は、断熱気密性能

3つ目は、高気密ゆえの室内空気環境への配慮

 

まずは、言うまでもなく構造の強さは最低限必要な性能になってきます。

地震大国の日本ですので、構造性能の低い建物は論外になりますね。

せっかく建てた家が、大切な家族を傷つけてしまう事になるからですね!

 

2つ目と3つ目は、かなり関係性が強いのですが近年住宅の高気密高断熱化はどんどん進んできています。

理由は、エコと言う部分と温度のバリアフリーで血圧の乱高下を防ぐ事によって、健康を害する事がないようにと言う事だと思いますが、簡単に言えば「夏涼しく冬暖かい」家がみなさん欲しいと言う事ですよね(笑)

ゆえに、断熱気密性能の高い断熱材、遮熱材を使い外気に影響を受けづらくする家作りになって行くし、それはもっと加速していくんだと思います。

それに伴ってなんですが、外気に影響されないと言う事は、家の中の空気が外に出づらい家になって来ますので、室内の空気を汚す物は極力使ってはいけない事になる。

その、空気の中には湿度や化学物質も含む話になりますので、高気密高断熱になるに従い配慮が必要になると言う事になります。

 

では、何故この3つの要素が必要なのか?と言う事になりますが、家は単純な家としての価値と不動産としての価値があります。

その3つの要素が的確に組み合わさっていれば、快適に健康で安心して住まう事が終わったら、それを運用する事が可能になると言う事になります。

つまり、家は「投資」と言う考え方になると言う事です。

 

そういう考え方で、家作りをしていないと将来的に家は「負債」になる。

つまり「古くなって、家にお金ばかりかかる」って事になるんですね。

 

そうなったら、老後の安定的な生活なんて出来ない訳です(汗)

だから、これから作る家と言うのは「資産価値」の高い家作りをしないとダメですよって事になります。

自分が死んだ後でも「資産価値」が残る家作りが、これからの家にはそこが求められてきていると言う事ですね。

 

 

「もみの木ハウス協会」の協会会員の「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

「もみの木ハウス協会」の協会会員の「もみの木ハウス・おおさか」のブログ←はこちらです!!

 

 

FM–NIIGATA77.5 毎週火曜日18時33分ごろサウンドスプラッシュ内で「ふんわりあったか!もみの木ハウス」にメッセージを下さい。

内容は家のこと以外でも全然OKでございます。メッセージはこちら→SOUND SPLASH リクエストメッセージ

 

 

【YouTube動画】

もみの木ハウス新潟 社長のインタビュー(会社紹介)動画はこちら

新潟市南区K,I様インタビュー動画はこちら

新発田市J,Y様インタビュー動画はこちら

 

 

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちらモミの木調湿実験

 

技術力の裏付けはここにある⇒イノスグループ

 

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!