自分達の家作りは、「何をするか?」で考えていくのではなくて「何をしないか?」で組み立てられています。

「何をしないか?」を決めると言うのは結構難しい事で、ゴール設定がされていないと決められない事になります。

つまり、自分のゴール設定は「お客さんを幸せにする事」になるんですが、幸せにするには「どんな家じゃなくてはいけないのか?」と言う事がわかっていないと「何をしないか?」なんて決められない訳でございます。

 

では、何をやらないと決めているのかって話ですが、決めているのは大きく分類すると3つですが、今回はその中の1つを書いていきたいと思います。

 

1つ目は「長期優良住宅」以外は作らないと決めています。

長期優良住宅も実を言うと色々なんですが、住宅性能全てがそこそこ良質な物が長期優良住宅なんですが、自分の場合は長期優良住宅が最低基準にしていて、必要であれば基準を大きく上回る性能の家を作ります。

それは「住む人が安全で、安心できて、快適」である事は当たり前なんですが

「快適なのにランニングコスト(光熱費)を安くしたい」と言うのと

「100年以上家を持たせてお客さんの資産として行きたい」と考えているんですね。

ですから、長期優良住宅の基準以下の性能では絶対にそれを叶える事は出来ない!

だから、それ以下の性能の家作りはしないと決めています。

 

日本の住宅寿命の平均が約30年とされていて、先進国の中では短い方というか下から数えた方が早い(汗)

30年で建て替えが必要になるという事は、30歳で家を建てると60歳で建て替えるって事でして、35年の住宅ローンを組んでいる場合5年残債が残る訳ですね(汗)

簡単に言うと、30年しか持たない2000万の家を二棟作るより100年持つ3500万の家を1棟作る方が得でしょって言う小学生でもわかる理論になります。

 

そんな短命な家作りばかりをしていると、グローバル化のこの世の中で日本人だけは家にお金を使いすぎて他に投資ができなくなる。

つまり、国力が下がる訳ですね。

別に他国と戦う訳では無いですが、住宅寿命が長くなれば家にお金を注ぎ込まなくて良くなるので、子供や家族の為にお金を使える訳です。

そうなってくると、金銭的にも時間的にも豊かな人生になりそうじゃ無いですか?(笑)

そして、住宅寿命が100年になると言う事は、自分が住まなくなった後は子供や孫に残してあげられる事になる訳です。

自分が建てた家が子供や孫の生活を豊かにするって事です。

 

これからの住宅と言うのは、以上の理由から高寿命化に進むと自分は考えていますが、今は移行期ですので選択ができる訳です。

どう考えるかは、買う人の考え方だと思いますが自分は長期優良住宅以外は作らないと決めていると言う事です。

それが、長い目で見てお客さんの幸せにつながると確信しているからですね。

もみの木の家をイベントで体感

ラジオやSNSでも家づくり情報発信中!

株式会社もみの木ハウス新潟  代表取締役 山田雄一

山田 雄一

もみの木ハウス新潟では、夏暑く冬寒いという、新潟県の地域特性に合ったお住まいを提案しています。もみの木を内装材として使用した、健康で快適で安心な家族がふれあう素敵な空間をお客様に提供していきたいと考えております。

もみの木ハウス協会の会員、「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

もみの木ハウス協会の会員、「もみの木ハウス・おおさか」のブログ←はこちらです!!

もみの木ハウス協会の会員、「もみの木ハウス・ひょうご」のブログ←はこちらです!!

もみの木ハウス協会の会員、「もみの木ハウス・わかやま」のブログ←はこちらです!!

仙台でもみの木の家を建てられたお客様のブログです。面白いので見てみてください!!

FM–NIIGATA77.5 毎週火曜日18時33分ごろサウンドスプラッシュ内で「ふんわりあったか!もみの木ハウス」にメッセージを下さい。

内容は家のこと以外でも全然OKでございます。メッセージはこちら→SOUND SPLASH リクエストメッセージ

【YouTube動画】

もみの木ハウス新潟 社長のインタビュー(会社紹介)動画はこちら

新潟市南区K,I様インタビュー動画はこちら

新発田市J,Y様インタビュー動画はこちら

宮城県仙台市Y,T様インタビュー動画はこちら

シュバルツバルトの大きいもみの木に会いに行ってきた。動画はこちら

ラジオを一緒にやっている「新潟住みます芸人」の関田正人さんの動画はこちら

リノベーションモデルハウス動画UPしました。

もみの木ハウス協会竹下理事長の動画はこちら

もみの木ハウス通信
↑ もみの木ハウス・かごしま ラジオやってます!!

もみの木ハウス通信チャンネル
↑ もみの木ハウス・かごしま・おおさか・ひょうご you tube やってます!!

技術力の裏付けはここにある⇒イノスグループ
㈱もみの木ハウス新潟がイノスグループから取材を受けました⇛取材記事はこちら

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!