1F4A8381

 

もみの木の家と一般的に普通とされている家の自分の体感上の違いを書いていきたいと思います。

今回は、洗濯に焦点を当てて行きたいと思います。

家事の中でも、異なった作業を連続して行なっていくのが洗濯です。

作業の手順としては「洗濯機で洗濯物を洗う→洗い終わった洗濯物を干す→乾いた洗濯物を取り込む→洗濯物をたたむ→家族のクローゼットや収納に持っていき収納する」と言う流れになります。

この作業を毎日繰り返す事になります。

そして、人数の多い家庭だったりすると、2回転3回転する場合もあります。

普通の家の場合、洗濯物を干す場所、たたむ場所、収納する場所が別々の所になるケースが多いようです。

バルコニーで干して、リビングで畳んで、各自のクローゼットに収納する感じになる。

それが普通の家ですね。

この場合、作業に加えて運搬と言う仕事が増える!

もっと言えば、運搬の方が労力が大きい様に思われます(汗)

もみの木ハウスの場合は、洗濯機の場所と、干す場所と、収納する場所が同じ場所か、すぐ近くに出来る様に作っています。

そうすると「運搬」と言う仕事がまず大幅に減る上に、たたみながら収納ができる事になるので生産性が大幅にアップする事になります。

もっと言えば、夜干した洗濯物が朝には乾いているので、干してあるところから家族が取っていきますので、たたむ仕事も大幅に減る事になります(笑)

これは、もみの木の調湿効果によって洗濯物の乾きが早くなるからできる事になります。

そして、もみの木の湿度が上がりすぎてもカビが発生しない効果も、かなり重要となりますね。

これを、ビニールクロスでやるとカビが発生してクロスが剥がれてきたり、衣類がカビ臭くなったり大変な事になりますので、やめておいた方が良いでしょう(汗)

つまり普通の家と、もみの木の家の洗濯についての違いを簡潔に言うと「作業効率の違い」になると思います。

もみの木の家の方が圧倒的に楽になるし、生産性も高い!

一度もみの木の家に住んだら普通の家には戻れない位の違いがあります。

自分も普通の家にはもう戻れない(笑)

それくらい、洗濯物が良く乾き収納が簡単になると言うのは、曇りや雪が多い新潟地域には本当にありがたい機能だと思います。

洗濯物をとっても、普通の家ともみの木の家にはかなりの違いがあります。

これからも、比較対象出来るように書いていきたいと思いますのでお付き合いお願いいたします。

 

 

「もみの木ハウス協会」の協会会員、「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

「もみの木ハウス協会」の協会会員、「もみの木ハウス・おおさか」のブログ←はこちらです!!

「もみの木ハウス協会」の協会会員、「もみの木ハウス・はんしん」のブログはこちらです!!

「もみの木ハウス協会」の協会会員、「もみの木ハウス・ひょうご」のブログ←はこちらです!!

「もみの木ハウス協会」の協会会員、「もみの木ハウス・かがわ」のブログ←はこちらです!!

 

仙台でもみの木の家を建てられたお客様のブログです。面白いので見てみてください!!

 

FM–NIIGATA77.5 毎週火曜日18時33分ごろサウンドスプラッシュ内で「ふんわりあったか!もみの木ハウス」にメッセージを下さい。

内容は家のこと以外でも全然OKでございます。メッセージはこちら→SOUND SPLASH リクエストメッセージ

 

 

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちらモミの木調湿実験

 

技術力の裏付けはここにある⇒イノスグループ

㈱もみの木ハウス新潟がイノスグループから取材を受けました⇛取材記事はこちら

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!