1F4A8408

 

住宅を建てる場合「打ち合わせが大変」と一般的には思われていると思います。

そう、普通は大変でしょう。

断熱性能や耐震性能から外壁や内装までの部品に至るところまで、お客さんが選択して決断までをしなくては行けないからですね(汗)

それも、予算との絡みを考えながらの選択を迫られる(爆)

基本的に、住宅会社は標準仕様というものがあって、大体の場合は最低基準を標準仕様としていますので、そこから予算やお客さんの好みによって肉付けをしていきます。

なぜ最低基準なのかは、お分かりだと思いますが最初の提示金額を安く見せる為ですね(爆)

安い金額で受注をして、追加で高くとる手法になります。

正直いうと、全て標準仕様の家には住む事は出来ません!

無い無い尽くしですからね(汗)

ですので、お客さんはお客さんの意思でオプションを付けまくって、住宅の値段を吊り上げていきます。

それが、別に悪い事だとも自分は思いませんが、お客さんの苦労の割にはいい家にはならない事を、自分は知っています(笑)

だって、皆さん素人でしょう?

住宅会社は、基本的にいい家を作ろうとなんて思っていません。

ただ、お客さんが満足する家を作りたいだけです。

「いい家」か「悪い家」かの判断は、お客さんからクレームが来るか来ないか?だけでしょう。

だから、お客さんの選択したものにストップをかける人はいません。

ですので、無秩序な住宅が大量生産され続けていますね。

自分としては、他の会社のやり方はどうでもいいと考えていますが、最近特に、建てた後に皆さん後悔している人が多すぎるなとも感じていて、その原因の一端を担っているのが「打ち合わせ」のやり方や考え方だと確信をしています。

例えばですが、車を買うときに「ブレーキどうしますか?」とか「ハンドルどうしますか?」なんて聞かれないでしょう?

それは、お客さんじゃなくてプロが全てを決めているからに他なりません。

「この車にはこのブレーキならちゃんと停止できるな」とプロが判断をしているんですね。

だから、ブレーキをどうするかなんていう、くだらない打ち合わせはないんです。

住宅も同じです。

住宅を構成するパーツは、数千におよびます。

その全てをプロが決めきれるのであれば、打ち合わせなんてほとんどない事になりますし、全てにバランスをとった建物が仕上がるに決まっています。

ただし決める人が、プロであればの話ですね(汗)

もみの木ハウスの場合は、打ち合わせなんてほとんどありません。

パーツは全てを自分が決めています。

だからお客さんは打ち合わせがなくて楽でしょう(笑)

そして今まで何の問題も起きていない。

お客さんは、住宅が出来上がるのを楽しもに待っているだけですので、住宅建築中にも関わらず家族で色んな所に行き、色んな思い出を作っています。

自分達は、打ち合わせがない=家族が幸せになると考えていますね

 

 

イベント情報

平成31年1月20日(日)もみの木の勉強会「モミCAFEセミナー」を開催いたします。

予約制となりますので事前に予約をしてください。(残り1組)

予約ははこちらからお願いいたします→モミcafeセミナー

 

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験