1F4A0253

 

モミの木の家は、普通の家と違います。
そうなってくると、住まい方やメンテナンスの方法も
少し違います。
普通の家の場合、化学モップや○○ワイパーなどでの掃除をしたりしますが
モミの木の家の場合、箒か掃除機で大きいゴミを取ります。
普段はこれで終わりです。
気が向いたら水ぶきをすると、モミのいい匂いがして気持ち良いです。
化学モップやワックスなどの使用は禁止です。
モミの木の効果が失われる可能性があるので、気をつけましょう。
最初の2、3年くらいは、醤油やソースなどをこぼすとシミになります。
不思議ですが、ほって置いてもそのうちわからなくなります。
でも、最初の頃はシミが付いたままってのが気になることと思います。
シミ取りには、『げきおち君』を使うと良いでしょう。
一度に落そうとしないで、3回くらいで落すくらいの気持ちでいてください。
次に、油性ペンや墨のシミは、ワイヤーブラシと紙やすりで落します。
これも、一度で落そうと思わずに何回かにわけてやることをお勧めしています。
少しくらいシミが残っても、そのうちわからなくなる!不思議です(笑)
2、3年ぐらい経つと、モミの木自身から油が出て保護してくれますので、
シミも付きづらくなりますし、モミの木自体も少し色が付いてきますので
気にならなくなるでしょう。
あまり良くないのが乾燥です。
エアコンを使う時期は、特に乾燥がちになりますので、
洗濯物を部屋干ししてもらうか、水を撒いてください。
雑巾がけも有効です。
毎日部屋干ししても、カビが生えたり衣類が臭くなる事も
ありませんので安心してください。
ついでに、モミの木の家に住むと必要なくなる物もあります。
化学モップ、加湿器、除湿機、空気清浄機、ラグや絨毯、
布製の足ふきマット、メンテナンスには関係ありませんが
芳香剤、消臭剤、消臭スプレー、炭、スリッパ等がいらなくなります。
掃除の邪魔になるので、人にあげるか、処分しましょう。
無垢材の床ってメンテナンスをどうしていいかわからない
場合が多いですが、モミの木の床(フォレストキング)は
すごく簡単ですね。
住まい方によって、経年変化の仕方も変わってきます。
これもまた、楽しみの一つです。
色々書きましたが、あまり気にせず楽しく生活を送って
頂ければいいと思います。