IMG_3580

 

 

モミの木の家を造り始めて1年が経過しました。

自分がモミの木と実際に出会ったのは、2014年の12月25日に鹿児島のマルサ工業さん

と新建設さんに会いに行った事から始まりました。

年末&クリスマスにお邪魔する心苦しさと、モミの木を実際に見て触れられる

ワクワクした気持ちで、羽田空港から飛行機に乗った覚えがあります。

鹿児島空港に着くと、マルサ工業の佐藤社長と従業員さん、新建設の竹下社長と従業員さん

が出迎えてくれました。

早速、マルサ工業さんの工場に移動します。

工場に着くと、クリスマスの飾りを施したモミの木が出迎えてくれました。

『お~これがモミの木か~』って感じです。

それから、マルサ工業さんの事務所内にある『体感ルーム』に移動します。

体感ルームは、もちろんモミの木の内装材が使われています。

入って気づきます。『空気が軽い!』『臭いがない!』『床がざらざら!』

『節がない!』『木が綺麗だ!』色々な事が頭をよぎります。

この時点で、『モミの木は凄い!!』と一目ぼれしてしまいました。

昼食をとり、今度は工場の方を見学させてもらいます。

マルサ工業さんの工場は、整理整頓がされていて素晴らしいです。

『見習わないといけない』とも思いました(汗)

工場内はモミの木の香りが強い!

いい香りです!

佐藤社長から、モミの木の床材『フォレストキング』壁や天井材『ユングフラウ』

の説明をして頂きました。

佐藤社長は、モミの木だけでなく木を知り尽くした『木のプロ』です。

丁寧にそして分かりやすい話で、すぐに引き込まれてしまいます。

誠実な物造りの姿勢は、佐藤社長をはじめ従業委員さんの振る舞いを

見ればすぐにわかりました。

この会社の仕事に一切の手抜きは無いでしょう。

一言でいうと、『すごく良い会社です』

IMG_3581

 

IMG_3597

それから、モミの木を製材、乾燥させる工場も見させて頂きます。

工場に到着すると、モミの木の原木が並んでいます。

並んでる原木はとにかくデカい!!

神社に立っているご神木くらいの太さです。樹齢で言うと200年以上だそうです。

それを、製材して昔ながらの天日で自然乾燥させます。

物凄い手間暇がかかる作業です。

しかし、話を聞きながら自分は驚きを隠せません(汗)

一般的な住宅関係の人から言わせれば、自然乾燥は非効率で無駄な事だと思うからです。

木を乾燥させる乾燥機に入れれば、作業工程は早いですからね。

でも、モミの木の効果を維持しながら木を乾燥させる方法は、これしかないそうです。

ですので、1年間で作れる量は300棟分と聞いて簡単に納得できました。

木の事を知り尽くしていなければ、出来ない作業です。

モミの木も大事ですが、最も大事なのがモミの木を乾燥、加工する技術が大事です。

それが出来るのは、マルサ工業さんしかいないでしょう。

その日は、マルサ工業さん新建設さんが懇親会の場を開いてくれて、鹿児島の美味しい

焼酎を頂きました。

最高に楽しい時間でした。

が、あんまり自分は酔えません?

今までやってきた仕事と、これからやろうとしている仕事は同じ家を造る仕事

という事はかわらないのですが、内容が全然違う!

『今までのお客様に申し訳がない』そんな気持ちでいっぱいでした(悩)

もっと早くモミの木と出会っていれば、、、と頭の中で色々考えがめぐります。

明日は佐藤社長の自宅と、新建設の竹下社長がお引渡ししたお客様のお宅を

見させて頂く事になっています。

こうして、驚きと葛藤の一日が終わります。

明日は、さらなる驚きと大きな気持ちの変化がおきます。

 

 

つづく