IMG_3613

2日目は、朝8にマルサ工業の佐藤社長と従業員さん新建設の

竹下社長がホテルまで迎えに来てくれました。

12月の26日です。年末ですよ!あと数日で正月がくるって時期です。

誰でも忙しいです。

にもかかわらず、会社の代表が2人も朝から迎えに来てくれるって

普通ではありません。

本当に『ありがたい』事だと感謝から始まる2日目です。

まずは、マルサ工業佐藤社長のご自宅を見せてもらうために移動します。

しばらく山道を走っていきます。

かなりの標高の所に、佐藤社長のご自宅はあります。

車から降りると、かなり寒い!

鹿児島は、南国のイメージで冬でも暖かいとなめてました!

新潟とかわらない感じです!

佐藤社長の自宅は、自分の常識では考えられない住宅性能の家です。

なんと断熱材を使っていない。

無断熱の家です。

『いくら鹿児島でも、断熱材は入れましょうよ』って思いましたが、

そこにも佐藤社長の意図があります。

『断熱性能をあげれば、快適なのは知ってます』

『モミの木の内装材とスピンオフで、どれだけの生活空間になるか感じてほしい』

って事だそうです。

やはり、この人はただ物ではありません(驚)

IMG_3636

 

中に入ると、玄関には猫ちゃんのトイレがあります。

しかし、まったくと言っていいほど臭いがしない。

無断熱なのに、思った以上に暖かい!

でも、室温は14℃です。

室温14℃って普通の家だと寒いはずです。

『なんでこんなに暖かいの?』意味が理解できません。

今ならわかります『モミだからです』(笑)

佐藤社長の家は、伝統的な木組みの住宅です。

手刻みの大工仕事になります。

難しい仕事ですが、これを造った大工さんは難しさを

一切表面に出さない、圧倒的な技術力がある大工さんだと感じます。

一般の人が見ると、『普通の木の家』って思うでしょうが、

そう思わせるのが、職人の粋ってやつです。

素晴らしいです。

家の中を一通り見せてもらいます。

とてもシンプルな室内ですが、内装材がモミの木だからこそ出来る

設計も各所に見られます。

隅々まで見させて頂きました、生活しているにも関わらずありがたいです。

それから、奥さんが用意してくれた美味しいお茶を飲みながら、

色々質問させてもらいました。

一番驚いたのが、玄関の腰壁とスタディーコーナーの床に貼ってある

ダークブラウンの板が約30年経過したモミの木だった事です。

最初、アクセントに違う材種の板を入れたんだと思ってましたからね。

IMG_3630

 

IMG_3633

 

こんな感じです。

上品なブラウンで、艶もいい感じに出ています。

これも、モミの木の魅力の1つだと感じました。

それから、すぐ隣の母屋(佐藤社長のご両親が住んでいた家)にも

おじゃまします。

こちらも、大工さんの技術が光る木組みのモミの木の家です。

通されたのが、屋根裏部屋です。

なぜ屋根裏部屋?と思いましたが、そこの居心地が半端じゃなく

良いんです(驚)

広さは10畳くらいで、天井高は160㎝位でしょうか?

床はモミの木で、天井もモミの木です。

そこで、約2時間今後の作戦会議を開きます。

この時点で、自分の気持ちは大きく変わっています。

単純ですが『モミを使って良い家が作りたい』

ただ、それだけですが自分の中では大きな変化でした。

今まで自分がやってきた仕事には、ベストを尽くして来ました。

でも、それは自分の知識以内での事です。

つまりは『住宅は性能が一番大切で、内装材は見た目が

よければ何でも一緒でしょ』って自分の考えの中での、ベストだったって事です。

ここに来て、自分の経験や考え方をひっくり返された気持ちになりました。

鹿児島に来ていなければ、こんな悔しい経験も出来なかったでしょう。

でも、この時点でモミの木に出会えたことが、今思えば運命だった気がします。

そんな、複雑な思いを胸に佐藤社長の家を後にします。

これから向かうのは、新建設の竹下社長が造った『長期優良住宅のモミの木の家』です。

このお宅を見させてもらって、自分の進むべき道を見つける事となります。

そして、竹下社長と自分の師弟関係もここから始まります(笑)

 

つづく