1F4A1470

 

家を、どの会社で建てるかを決める時に『価格』だけの判断は危険です。

結論から言えば、安い物で良い物はありません。

鍋や釜なら『安い物はだめね~』で学んでから良い物を買えばいいですが,

住宅の場合『安物はダメね~』は無理でしょう(汗)

安くても、数千万円ですからね。

もう、建て替える事は出来ません。

同じプラン、同じ性能の物なら価格が安い方が良いかもしれません。

しかし、多くの人は価格だけで比べる事が多いような気がします。

土地付きの安い家がバンバン建っているのを見るとそう思います。

じゃあ、30年後に安い家には価値があるのか?

おそらく価値はありません。

安い家を建てた場合、30年経って土地と建物を手放す事になった場合、家の価値が0円に

なってしまう事がほとんどです。

逆に、解体費として減額されちゃう事は普通にありますよ。

なんでそうなるかと言えば、基本性能が低いからです。

快適に生活をする為の断熱性能や耐震性能が低いって事です。

これは、リフォームで改修するには余りにも費用が掛かりすぎる。

建て替えた方が安く済む、だから価値は0円って事です。

基本性能が低い家のスペックはアパートと一緒と考えてください。

アパートと同じ性能で大きさが大きくなっただけ。

面積が倍になれば、冷暖房費も倍近いって事ですよ。

しかも暖房しても、廊下や洗面所は極寒です。

つまり、快適性は求めてはいけない住宅って事です。

家賃並みの住宅ローンで家が建つんだから、アパート並みの住み心地

ですよってはなしですけどね(爆)

そして、ローンを払い終わる頃には住宅の価値は0円です。

それでまた、高額リフォームか建て替えか悩む??

やってられなくないですか??

価格の安い家は、負の連鎖のスタートって事です(涙)

価格だけで選ぶと大変な事が起きるかもしれませんね。

気を付けましょう。