家に求めるものは人により違うでしょう。

デザインなのか?
広さなのか?
構造の強さなのか?
安さなのか?

様々です。
でも、全てを手に入れる事は難しい(汗)
そこには、予算があるからです。

弊社の場合は、モミの木の家になります。
求めているのは、住まう人の安全と健康です。

モミの木の家の坪単価は、およそ60万から70万
が平均です。
安くはないです。

でも、夏も冬もエアコン1台で生活ができる、廊下や
トイレの温度差が少ない、地震にも強い、
生活臭もしない、疲れも取れる、家事がしやすい
シックハウスもない、湿度も調整してくれる、
ダニやカビもない。
つまりは、家族が安心して健康に住まえる家です。

さらに言うと、快適に生活できますので、
住んでて嫌にならないです。
しかも、構造も建築基準法の1.5倍の強さですので、
長く住むことができる。
ですので、住み継がれる家になるって事です。

一度建てたら何世代も住める価値のある家になります。

日本の家は、25年で資産価値がなくなるシステムです。
築30年くらいで建て替えたくなるような家を量産メーカーや
地域のビルダーは造っています。
そうでないと、大きな会社は回らないですからね(爆)

これからは、使い捨てのような家ではいけないと自分は思います。

そう考えると、少し高い住宅ですがその分の価値は
絶対にあると思います。
安い家の2倍までしない値段で、3倍は快適に住める
って事ですからね。

何を求めるかで大きく変わるって事ですね。