00

 

家は建てるべきなのか?

経済的な部分だけ考えると、家は建てない方が経済的には良い事になる。

と言う経済評論家も居ますね。

本当にそうなのか??

って話になるんですが、おそらくですがそう言う経済評論家さんは、今の家の資産価値の高さを知らないのかもしれません?

もしくは、賃貸物件のオーナーかどちらかですね(汗)

 

昔の住宅の考え方ですと「30年で家の価値はゼロ」って事になっていました。

つまり、30年で家は建て替えが必要になると言う考え方です。

その理論で行けば、家は建てない方が経済的に有利に働くのでしょう。

3000万円の家を30年で建て替えるのであれば、年間100万と言う事になりますから確かにそうかもしれませんね。

でも、今は3000万で100年価値を維持できる家を作る事は可能です。

つまり年間30万円です。

最初の35年は返済もあり大変だと思います。

だけど、残りの65年はメンテナンス費用だけで維持ができる。

そう考えると、家は建てた方が経済的に有利になるでしょう。

もちろん、自分の子供達の代になっても価値は維持できますので、別の言い方をすると「子供達に資産を残す事ができる」とも言えるでしょう。

 

そして、何より大切なのは自分も含め家族が幸せに安心して暮らす事ができます。

それは、プライスレスです。

プライスレスだから、経済的な部分には含めなかったとしても、今の場合は家は建てた方が経済的に有利になる場合がほとんどだと自分は考えます。

ただし、100年価値を維持できる家を作る事が前提の話になりますので、少なくとも長期優良住宅以上の住宅性能が必要かと思われます。

 

とは言え、どう考えるかはその人の自由です。

自由を求めて拠点を作らない方が良いのか?最初は大変かもだけど自分の資産を築くのか?

その人の生き方で、選択をすれば良いのかなと思います。

1番ダメなのが、すぐ価値がなくなる住宅を建てる事だと思います。

簡単に言うと、安い家を作るくらいなら賃貸で暮らしておいた方がマシと言う事です(爆)

人生においても、経済的にもですね。

 

ですので、家を建てるのであれば資産価値が高くて、価値が落ちづらい家を建てて欲しいと思います。

 

「もみの木ハウス協会」の協会会員の「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

「もみの木ハウス協会」の協会会員の「もみの木ハウス・おおさか」のブログ←はこちらです!!

 

FM–NIIGATA77.5 毎週火曜日18時33分ごろサウンドスプラッシュ内で「ふんわりあったか!もみの木ハウス」にメッセージを下さい。

内容は家のこと以外でも全然OKでございます。メッセージはこちら→SOUND SPLASH リクエストメッセージ

 

 

【YouTube動画】

もみの木ハウス新潟 社長のインタビュー(会社紹介)動画はこちら

新潟市南区K,I様インタビュー動画はこちら

新発田市J,Y様インタビュー動画はこちら

 

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちらモミの木調湿実験

 

技術力の裏付けはここにある⇒イノスグループ

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!