mh_3

 

モミの木の家の室内は、湿気を吸ったり吐いたりする調湿効果が優れています。

って事で、調湿効果が本当にあるかどうか?

プチ実験をしてみました。

どんな実験かというと、モミの木のショールーム内を加湿してみて、

湿度の上がり下がりを検証してみます。

で、早速ミスってしまいました(汗)

実験前の湿度計の写真を取り忘れてしまいました(-_-;)

ちなみに、実験前の湿度計の数値は湿度44%でした。

まずは、モミの木のショールーム(約16畳)を締め切って

エアコンもオフにします。

それから、鍋に水をはってDGH(遠赤外線調理器)で熱を加え

加湿器の出来上がりです。

では、実験スタート!

15分経過後、湿度計をチェック。

まったく数字が変わらない!

このままでは、日が暮れてしまうのでフライパンを追加してDGHをマックスにします。

IMG_7397

お~~凄い水蒸気!

これで、時間短縮できそうです。

それから、水を足したし1時間経過しました。

1時間経過したところで、加湿器はストップです。

IMG_7413

1時間加湿した時の湿度計の数値は、69%加湿前と比べると25%のアップですね。

IMG_7399

窓ガラスが少し結露してます。

床、壁はサラサラです。

実験には関係ありませんが、この時点で室内はモミの木の甘い香りで一杯です。

フィトンチッドを感じます!まるで、森林浴をしている気分で癒されます(笑)

それから、1時間おいて再度数値を計測してみました。

IMG_7415[1]

1時間放置後の湿度計の数値は、58%でした。

モミの木の性質的に大体、湿度が50%から60%くらいになるそうです。

もう少し様子をみてみます。

それから、1時間放置してみると湿度計の数値は56%になりました。

この実験でわかったことは、モミの木の内装材は本当に調湿してるって事と

吸湿のスピードが早いって事でした。

お引渡ししたお客様が驚かれる1つとして、洗濯物の乾く早さに皆さん驚かれます。

冬場の部屋干しで、タオル類が夜干して朝乾いてますからね(驚)

さらに言うと、部屋干しの独特な変な匂いも全くありません。

当然、除湿器等は使ってませんよ。

洗濯物の出す湿気を、モミの木が吸湿してくれてるから乾きが

早いんですね。

普通の家ではありえませんよね?

モミの木恐るべしです。

 

 

ちなみに、加湿中暇だったのでもう一つプチ実験してみました。

モミの木の床VSカラーフロア 吸湿力対決です。

ルールは簡単、加湿している鍋の上に5秒間置いてどちらが吸湿力が高いか?

競います、、、、(結果は見えていますが一応)

まずは、挑戦者のカラーフロアからです。

IMG_7405

結果は、、、、

 

IMG_7406

水滴で、ビショビショです。

やっぱりって感じです。

 

つづいて、モミの木の床でやってみます。

IMG_7407

結果は、、、、

IMG_7408

シットリした感じにはなりますが、水滴やビショビショ感はまるでありませんでした。

 

結果、モミの木の床の方が圧倒的に吸湿力が高いって事がわかりました。

って言うよりも、カラーフロアは表面にウレタン塗装が施されてるので

吸湿は0なんで勝負にならなかった感がありますね。

こんど、無垢の広葉樹の無塗装品で比べてみると、面白いかもしれませんね?

また、時間があるときやってみたいと思いますが、今日はここまでです。

お疲れさまでした。