1F4A7914

 

寒い家は、冬辛いですよね。

靴下を履いたり、モコモコのスリッパを履いてないと、足がジンジンしてしまう(涙)

子供の頃そんな家に住んでいましたが、冬場のトイレやお風呂が苦痛だったことを覚えています(汗)

 

「最近の家は、どんな家でも高気密高断熱だから暖かい」と思われている人は、少なくないと思いますが、そんな事はありません。

結論から言えば、寒い家は寒いです(汗)

建物の金額によっては、断熱材すらケチる会社があるからですね(爆)

ちなみに、知っていて欲しいのですが、住宅の断熱性能は時間と共に性能は落ちていきます。

だから、新築時に高断熱で暖かい家だとしても、時間と共に断熱性能は落ちて行き、いつかは寒い家になります(汗)

そこを、断熱性能が売りの会社は言いませんが、普通に考えれば理解できる事だと思います。

どんな物でも劣化していくと言うのは、世の中の原理原則になりますからね。

そこを踏まえて、長期でみた中で冬寒くない家を作り出す為には、直接肌に触れる内装材を柔らかいものにすると言う事が大事になりますね。

簡単な話、床を柔らかい素材にすれば断熱性能が低かったとしても、思ったよりは寒くは感じない事になります。

逆に、断熱性能高めの家の床が硬い床の場合、思ったより寒く感じます。

ですので、家が暖かく感じるか感じないかの問題で言えば、もちろん断熱性能は高いに越した事はないのだけれども、床が柔らかいかどうかになります。

補足で言わせてもらえれば、断熱性能が高いか低いかで決まるのは、月々の光熱費になります。

高断熱の方が光熱費は安く済むし、低断熱の方は光熱費は高くなると言う事になります。

結論を言うと。家が寒く感じるか感じないかは、もちろん断熱性能も関係はするけれども,

一番大事になって来るのは、直接肌に触れる内装材を何にするか?という事になると自分は思っています。

もみの木ハウスの床は、もちろんですがもみの木になります。

もみの木は「針葉樹」と言われる柔らかい部類の木材になります。

だから、硬い床と比べると体感的に寒くは感じません。

極端に言うと、家の中の空気が冷たいとしても、寒く感じない事になります。

ちなみにですが、もみの木ハウスの家は長期優良住宅になりますので、基準値を十分に超えている高断熱の家になるのだけれど、家が寒く感じるかどうかは内装材になると言う事ですね。

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験