IMG_2229

 

 

家での生活が、楽しいのか楽しく無いのかで人生は決まると言ってもいいかもしれません。

つまり、家でストレスが溜まるようでは人生がつらい事になる(汗)

ですので、家は大事になりますね。

まず、大前提なのが統計的にお母さんがいつもニコニコしていれば、家族は幸せを感じます。

ですので幸せ家族計画には、お母さんのストレスをどう減らすかが大事です(笑)

日本の女性は、世界的に見ても我慢強いらしくて、我慢するのは得意ではあるものの、我慢したくて我慢している訳ではありません(爆)

女性は、家事に育児に仕事にと毎日が戦争になる。

ストレスを溜めるなと言う方が無理な話になりますからね。

女性のストレス量は、女性のコメントで読み取ることが人によっては可能になりますので、世の男性たちはアンテナを張り巡らせておいた方が身のためかと思われます(笑)

例えば「大丈夫」と言っていたら、全く大丈夫では無い状況だと言う事らしいです。

「大丈夫」のコメントが出たらストレスをかなり蓄積していると、世の男性は思った方が良いそうです(汗)

ですので「大丈夫」を鵜呑みにしていたら、後々大変なことが起こります(汗)

気をつけましょう。

と言う事で、住宅と男性の最大の仕事は「奥さんを笑顔にする」以外にありません。

男性陣は、各自意識を持って取り組んでいただけたらと思いますが、住宅も作りによってはストレスを生む大きな要因になっています。

例えば、家事動線が悪くて家事効率が低いとかは最悪になります。

家事は毎日の事になるので、効率が悪いと作業が進まないことになり、大きなストレス源となってしまいます。

例えば、洗濯機から洗濯ものをカゴに入れ、階段を上がりバルコニーに洗濯物を干し、乾いたらバルコニーに回収しに行き、階段を降り、リビングでたたみ、たたんだ洗濯物を各自のクローゼットに運び収納をする。

これが、一般的な住宅の洗濯動線になることが多いです。

女性は、毎日これをやっている状況です。

だから洗濯が終わったところで、リビングのソファーに旦那さんの靴下が脱ぎっぱなしになっていたのを発見したら「キレる」と言う事になる(汗)

これを無くすには、靴下はちゃんと脱いだ人が管理をするか、家事動線の良い住宅に住むかの2択になります。

もみの木ハウスの場合は、洗濯物を干すバルコニーはありません。

室内で干しても、カビが発生したりしないし、乾きも外で干す以上に良いからバルコニーを作る必要がないからですね。

ですので、洗濯機から出した洗濯物は洗面所に直接干します。

それで、乾いた洗濯物は洗面所に併設されている家族全員分の「お着替えクローゼット」に収納する。

洗濯物の家事は以上で完了となります。

普通の住宅と比較すると、圧倒的に効率がいい。

つまり、家事が時短になり少しはお母さんの笑顔に貢献できるでしょう。

そういった事を、プランに色々と盛り込んでいくと少しずつ家事が時短になり、少しはお母さん自身の時間を作れる事になれば良いなと思い家作りをしている。

だから、奥さんのための家作るべきだと自分は思っています。

それが、最終的には家族の全員の幸せに繋がると確信しているからですね。

 

 

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験