住宅をいつ建てるか?

それは、人生には色んなタイミングが有るので一概には言えません。

ただ、言えることは住宅ローンは健康な状態でないと借りれませんし、80歳までしか借りる事は出来ません。

住宅ローンの最長の借り入れ期間は、35年になります。

最長で借りたいと考えるのであれば、80歳-35年とい事で45歳までに借りた方が良い事になります。

ある程度年齢が若いのであれば、健康状態も問題ないと思いますが年齢が上がれば上がるほど、健康の状態はシビアになる(笑)

つまるところ、家は欲しい時に建てれば良いのですが、年齢や健康状態が良い時にしか一般的に家は建てれない事になります。

自己資金で建てるのであれば、問題はないですが一般的ではないですね!

更に言えば、住宅ローンを組むと「住宅ローン減税」が適用になり所得税や市県民税の一部が帰ってきます。

今のところ、住宅ローン残高の1パーセントで10年間返って来る事になります。

3000万の住宅ローンの場合は、10年間でマックス250万円くらい税金が帰ってきます。

だから、所得がある時に家を建てた方が得ではありますね。

その辺をどう考えるかは、建てる人の考え方なのかもしれませんが、自分がお手伝いさせてもらうお客さんの場合は、せっかく建てるなら「お金的に損をしないようにした方が良いですよ」とアドバイスをさせてもらっています。

現在のタイミングで言えば、消費税の増税があります。

そこも、タイミングとしてはあるのかもしれません?

でも、もっと言えば4月ぐらいから資材の値上げが確定しているものがあります(汗)

物によっては10パーセント値上げもあります。

正直、消費税の比では無い値上げになる(汗)

資材は、一度値上げしたら下がらないという傾向にあります。

それを回避するには、早めに動くしか方法はないですね。

同じ建物でも、建てるタイミングで値段は変わります。

という事がありますが、家を建てるタイミングは人それぞれです。

「消費税増税もあるし資材の値上げもあるから、早く建ててください」という訳ではありません(笑)

もう家を建てる事が決定している人の場合は、早めに動いた方が「損をしませんよ」という事ですね。

タイミングを少し後にしただけで、早く建てるのと比べるとだいぶ損するのが分かっているから「計画的に動いた方が良いでしょう」という話ですね。

 

 

【YouTube動画】

もみの木ハウス新潟 社長のインタビュー(会社紹介)動画はこちら

新潟市南区K,I様インタビュー動画はこちら

 

 

「もみの木ハウス協会」の協会会員の「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

 

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験