家のプランは誰を主軸に組み立てるべきか?

昔は、来客する人の為の家作りでした!

だから、住む人は日当たりの悪い所に居場所を置いて、南側の日当たりの良い場所に客間を置きました。

ですが、今の時代来客は基本ありませんし、冠婚葬祭も家では基本やりません。

と言う事は、住む人を主軸にプランは進む事になります。

更に細かく行くと、家族の誰に合わせてプランをするべきか?になります。

結論から言うと、奥さんを軸にプランは組み立てるのがいいでしょう。

基本的に、家事は奥さんがメインでされる家庭が多いでしょう。

そして、育児の主力も奥さん、更には仕事をこなす奥さんも多くいるわけです(凄)

であれば、家の中で1番多忙な奥さんを軸にプランを組み立てるべきだと自分は思います。

さて、奥さんを軸にプランを組み立てるという事は、家事動線優先になります。

家の大きさもコンパクトに、キッチンを中心に家事が効率よく、かつ円滑に行くようにプランは考えていきます。

更に夕飯の支度の時間は、子供達の宿題の時間になります。

子供を見守りながらの作業になるので、キッチンから子供を見守れる事も大事になって来ます。

そう考えると、敷地にもよりますがキッチン周りの間取りは、何種類もない事になります。

実際自分が作る家でも、数種類のパターンの中からその人に合うプランをチョイスをします。

家族が幸せな時間を過ごせるか否かは、奥さんの精神状態による事が科学的にも証明されています(笑)

つまり、奥さんがいつもニコニコして居られる空間か、イライラしている空間かで、家族の幸福度は違うという事です。

奥さんがいつもニコニコしているのであれば、子供は真っ直ぐ育つ傾向にあるそうです。

という事は、世の旦那さんの家庭での仕事は1つになります。

「奥さんを笑顔にする事」だけになります。

家は、作れば良いわけではありません。

家を作って、家族が幸せにならないのならば、家なんて作ったって何の為にもなりませんからね!

そこを理解して、家作りをしてほしいと自分は思っています。

自分達の仕事は「住まう家族が健康で幸せになる」手伝いだからですね。

 

 

【YouTube動画】

もみの木ハウス新潟 社長のインタビュー(会社紹介)動画はこちら

 

新潟市南区K,I様インタビュー動画はこちら

 

 

「もみの木ハウス協会」の協会会員の「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

 

 

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

 

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!