1F4A6618

 

「無垢の家」とか「うちは無垢の床です」と言いつつも、床材の上に塗装をかけている会社がほとんどになります。

では、なぜ無垢の床に塗装をかけなければいけないのか?

無垢材に塗装をかけるのには、意味があります。

簡単に言えば、それは「死んでいる木」だからになりますね。

「死んでる木」つまり機械乾燥で乾燥させた木になりますが、水をこぼすと染みになるのとカビ等を撃退する力がゼロに近いですので、水分は厳禁になるから塗装をかける事によって、水分の侵入を防いでいると言うですね。

さて、無垢の木に塗装をかけるという事は、シルクのパジャマの内側にサランラップを巻くようなものになります(笑)

肌触りの良さは失われて、ジトジトのベタベタの状態になります。

つまり、いくら内側の素材が無垢材でも表面に塗装をかけた場合、カラーフロアと肌触りは変わらない事になります(汗)

カラーフロアの数倍の値段で、カラーフロアと同じ肌触りと言うのは「損」以外の何者でもないでしょう。

更にその無垢材が針葉樹ならば、キズが付きやすいカラーフロアになる(汗)

じゃあ、どうすれば無垢の床で塗装しないでいられるのか?

それは、木材の乾燥方法を機械乾燥から天然乾燥にすれば、無塗装で大丈夫だと思います(針葉樹の場合)。

現にもみの木ハウスの内装材は「天然乾燥材」で「針葉樹」になりますが、水を少しこぼしたぐらいでは、シミにもなりませんしカビも発生しません。

それは、木材の中にもみの木の脂分が充分残っているからになりますね。

つまり「生きた木材」を使えば、肌触りはサラサラな無垢材のまま使用できると言う事になります。

ですので、無垢材を使ってサラサラした生活が送りたい場合は、営業マンに聞いた方が良いですね「その床は天然(自然)乾燥材ですか?」ってですね。

「機械乾燥です」と返ってきたら、見た目は無垢材、肌触りはカラーフロアのベタベタと言う事になります(笑)

どう考えるかは人それぞれですが、本当の意味でいい家に住んで欲しいと願う自分としては、知っておいて欲しい情報という事ですね。

情報を知った上でどうするかは、人それぞれでいいと思います。

見た目だけ「木の家」が欲しいのであればそれでも良いでしょう。

お金の使い方は、人それぞれだからですね(爆)

 

もみの木ハウス新潟のモデルハウスがついにオープンします!!オープニングイベント盛りだくさんです!!

 

 

 

【YouTube動画】

もみの木ハウス新潟 社長のインタビュー(会社紹介)動画はこちら

新潟市南区K,I様インタビュー動画はこちら

 

「もみの木ハウス協会」の協会会員の「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

 

 

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!