mh_1

 

モミの木の床のメンテナンス方法を書きます。

でも特別な事はなにもありません(汗)

自分の場合は、普段は掃除機をかけるだけです。

たまに水拭きをする位でしょうかね。

まあ、床の汚れを落とす意味では無くて水を吸わせる

感覚ですね。

そうすると、モミの木の香りが凄く気持ちいいんです。

たまに強くモミの木の香りを楽しみたい時だけやります(笑)

 

ただ、絶対やってはいけない事はあります。

化学モップやワックスはかけてはいけません。

調湿効果も消臭効果もなくなりますので絶対だめです。

まあそれくらいです(笑)

 

あとはモミの木は無垢材ですので、

過度に乾燥しすぎると割れやささくれの原因になるので

冬場の乾燥時期のエアコンをつけている場合なんかは

水を霧吹き等でかけて潤してあげると良いです。

ついでに清潔感のある香りが楽しめますよ。

 

もしささくれが出来た時は、木工用の接着剤で

くっつけてあげるだけで良いです。

自分の失敗談ですが、ショールームの床にささくれが

出来た時に引っ張って取ろうとしたら、ヒドイ事に

なりました(涙)

柾目材ですので、止めどなく木が取れてしまい収集が

つかなくなりますからね(汗)

ショールームを見てもらえばささくれを引っ張って

取ろうなんて愚かな考えにはならないと思いますよ(苦笑)

 

よく言われる汚れですが、あんまり気にしなくても良いです。

そのうち時間が経つと消えてなくなります??

不思議ですが消えます。

醤油とかのシミもです。

なんで消えるかはわかりません(笑)

モミの木の不思議な力って事にしときましょう。

どうしても、すぐに消したい場合は 「激落ち君」に水を少し

付けて擦ります。1回で落とそうとはせずに3、4回位で

落とすようにすると良いでしょう。

 

あとは、床には敷物(絨毯、玄関マット、トイレマットなどなど)

は敷かないでください。

敷いてある部分だけ色が変わりませんので変になります(笑)

あと、敷物は清潔を保つことが難しいです。

カビやダニの温床になるので敷かない方が賢明でしょう。

(バスマットにはモミの木のバスマットがお勧めです)

 

モミの木は天然乾燥ですので、木自体に沢山の油分が入っています。

革製品と一緒で使い込むほどに深みのある良い色に変わっていきます。

特にしなければいけないメンテナンスは有りませんが、

大切に使ってもらえると綺麗な色になっていくと思います。

大切に使ってもらうと自分も嬉しいですね(笑)

 

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

インスタグラムやってます!!

フェイスブックやってます!!