01

 

もみの木の家は、調湿効果と消臭効果に優れた家になります。

それは、内装材がもみの木だからになります。

では、「もみの木を内装材に使えばどんな家でも快適か?」と言う事になるんですが、普通の素材で出来ている家よりかは、全然快適だと思います(汗)

寒い、暑いを抜かせば、年中サラサラだし、底冷えはしないし、生活臭やカビ臭くならないからですね。

なんですが、もっと良いのが「住宅性能の高い住宅に内装材がもみの木」と言う事になります。

つまり、もみの木ハウスの建てるもみの木の家と言う事になるんですが(笑)

もみの木ハウスの住宅性能は、全棟が長期優良住宅であり、さらには制震装置まで付いている!

生活の快適性と、温熱環境が優れていて、さらに長持ちする家になっている。

だから、価値が高いと言えるでしょう。

価値は高いが思ったほど値段は高くない!

それがもみの木ハウスの考え方で、一般の人でも住んでて快適で、価値のある家を作る事に一点集中しています。

だから、豪邸や高級住宅は作りません。

お金持ちの人は、高級住宅を作る会社で作れば良いし、高い光熱費を使って強制的に快適に住めば良いと思います(汗)

お金があるから問題ないでしょうからね!

自分達が作る家は、一般人向けの住宅になります。

だから、住んでいて快適で、見た目よりも家事効率を優先させるし、光熱費も維持管理費も抑える事が大事だし、次の世代にも引き継げる耐久性も必要になりますね。

それを実現するためにのみ時間を費やしているし、脇目も振らずやっているわけですね。

だから、自分達に2番目に良い家はない訳でして、メニューは長期優良住宅のもみの木の家1つだけになりますね。

今の時代は、断熱性能や耐震等級や家の素材全てを選べる時代です。

自分達の場合は、そこら辺は一切選べません。

選ばせる事の意味も分からないし、毎回違う素材の物を使って家を建てていたら、業者さんにも値段交渉ができないからですね(汗)

もみの木ハウスにメニューは1つしか無いですが、その1つのメニューが圧倒的にコスパも性能も優れていると思いますし、そうある為の努力は常々しているという事ですね。

変わっている会社なのかもしれませんが、お客さんも変わっている人が多いので問題ないと言う事ですね(笑)

 

 

【YouTube動画】

もみの木ハウス新潟 社長のインタビュー(会社紹介)動画はこちら

新潟市南区K,I様インタビュー動画はこちら

 

「もみの木ハウス協会」の協会会員の「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

 

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

 

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!