1F4A6384

 

 

家作りで一番最初にしなくてはいけないのが、資金計画になります。

まずは、一番心配なところから決めていく事が事業を始める時には大事ですね

という事で、お金の話を一番最初に決めてしまいます。

それが決まらないうちに、土地を探したりプランを決めても無意味な作業になる事がある。

だって、土地もプランも上限金額がわからないと決められないからですね。

さらに言えば、月々のローン返済がわからなければ生活設計もできない(汗)

だからお金の話を自分は一番最初にやります。

お金の裏づけを取らず「大丈夫大丈夫!!」で話が進んだ時点で「その土地では予算オーバーになるから無理です」なんて言うよりは、よほど親切だと自分は思うからですね。

若い営業マンや地元の工務店の場合は、お金の話を後回しにする人が少なくありません。

お金の話がしずらいと言うのがあるからですね。

だから、お金の話は後回しにして希望の土地やプランを先行させてしまう。

そして結果的には予算オーバーになり、お客さんと営業マンの信頼関係は崩れてしまう。

お互い幸せにならないパターンですね(汗)

普通営業マンの場合は、お客さんの収入がわかれば住宅ローンがどれくらい借りれるかは判る。

もちろん返済額の計算も瞬時にできる。

住宅営業の基本中の基本ですからね。

それが出来ないと、お客さんに合った資金計画が立てられません。

資金計画が作れれば、あとはそれに沿った家作りをして、お客さんはそれに沿った生活を新しい家ですれば事故は起きません。

事故とは何なのかですが、実生活の中で資金繰りがうまくいかなくなり住宅ローンの返済がとどこうると言う事です(汗)

最初の資金計画が、お客さんが新しい生活をスタートした後にも影響が出る事があります。

ですから、信用できる人に資金計画はお願いした方が良いでしょう。

資金計画を作った人のさじ加減で、破綻させようと思えばできますからね(爆)

自分の場合は、自分でもできますが専門のファイナンシャルプランナーにお願いする事が多いです。結果は同じでもプロにしてもらう方が安心感はありますからね(笑)

家作りの話に行った時に、お金の話が最初に出てこない会社は、危険な匂いがプンプンします。

「住宅ローンはお客さんの方で好きなところでどうぞ」って言うのもだいぶヤバイ(汗)

お金の知識がない人になりますから、資金計画も無理ということになります。

理想の家が作れたけども、返済が酷過ぎて生活に難があると言うケースはよくある話です。

最初にお金の事を考えていないと「明日は我が身」になる。

十分気をつけていて欲しいですね。

 

 

イベント情報

平成30年12月24日10時からモデルハウスの上棟式(餅まき)を行います。

その時に、大黒様(御神楽)がやってきます詳しくはこちら⇨ モデルハウス上棟式

 

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験