1F4A3285

 

大きい窓が沢山ついているいわゆる「明るい家」と言われる家は「冬寒くて夏暑い家」と同じ意味を持っています。

新しい家に住んだら「明るい家で生活をしたい」と考える気持ちは十分わかります。

十分わかった上で言わせて頂きますと「新潟は関東とは違い、窓を大きくしても冬は暗いです」と言う事になります(汗)

暗ければ、素直に照明器具をつけた方がいいでしょう。

どうしても、自然光で明るい家にしたいと考えるのであれば、迷わず関東方面に引越しを考えた方が良いでしょう!

新潟では無理ですからね(爆)

新潟の冬は曇天続きとは言え、窓を大きく取れば多少は外の明かりは入ってきますが、冬の新潟の場合は明るく生活をしたいのであれば、どうしても照明器具に頼らざるを得ませんね。

それであれば、断熱性能の穴になる大きな窓は極力少ない方が、光熱費の問題においても有利に働くと自分は考えています。

さらに言えば、夏の暑い時期に窓が大きくて光が大量に入ってくると、室温はどんどん上がる訳です(爆)

つまり、冬の採光を重視すれば夏場は暑くなると言う事ですね。

ですので、自分の場合は夏を重視した家の作り方をしています。

窓はなるべく小さく少なく、南側の屋根の張り出しを多くしてなるべく夏の日差しは家の中に入れない家の作り方です。

ですので、自分が作る家は冬は少し暗めになります。

ですが、ドイツの家よりは圧倒的に明るいです(笑)

ドイツも自分の経験上かなりの曇天率です。

だからだと思いますが、家の窓が小さくて少ないです。

そして、すごく暗い!

理由は自分と同じだと思います。

夏の暑さ対策と、冬の暖房の効きを良くするためですね。

もみの木の家の場合は照明器具を1個付けるだけで、柔らかく心地のいい明るさの環境になります。もみの木は光の反射率も良くて、少しの明かりでわりと全体的に明るくなるから、どうしても自然光が入っていなければいけない理由も無い訳です。

最近は、窓の大きさや数もお客さんが選べる時代です(汗)

ですので、どう考えるかは買う人次第になると思いますので、知っておいたほうが良い情報だと思います。

もみの木ハウスの場合は選べないんですけどね(汗)

 

 

「もみの木ハウス協会」の協会会員の「もみの木ハウス・かごしま」のブログ←はこちらです!!

 

 

技術力の裏付けはここにある‼⇒イノスグループ

お願い

最近「もみの木」という事を売りにしたグッズ等を売り出しているお店があるようです。弊社が扱うもみの木とは関係はありませんのでお問い合わせは販売しているお店にお願いします。フォレストバンクのグッズはネットともみの木の家を建てる会社でしか販売いたしておりません。

正規商品は「のんき工房」までお問い合わせください!!

また、フォレストバンク製品に似せたもみの木の床等が出回っているようです。人工乾燥材のもみの木は不思議な力は無いかもしれません。正規なもみの木は「フォレストバンク」の製品を、「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入される事がよろしいかと思います。現在、7社ほど偽りのもみの木を扱う会社を確認しています。「フォレストバンク」製品かを今一度お確かめください。悲しいお問い合わせが来ております。正規品は「健康な住まいづくりの会」の正規会員よりご購入された方が安心です。騙されない事を祈りますが、欲が騙します。お気を付けください!!

木の調湿実験をしました。

詳しくはこちら➡モミの木調湿実験