もみの木ハウス新潟は、健康にやさしいモミの木の家を建てることを専門とする建築会社です。
もみの木の家ブログ

もみの木の家

無垢材なのに塗装が必要な理由

  もみの木の内装材を使うことによって、生活は変わります。 つまり、内装材特に床材で家の性能が大きく変わると言う事になります。   もみの木ハウスが使うもみの木は、針葉樹、天然乾燥、柾目材の無塗装品の …

1F4A7352

もみの木の正しい使い方はコレ

  うちの場合、内装材をお客さんに選んでもらう事はありません。 そこは、自分の責任で自分にお任せをしていただいております。   そもそも自分達の場合、内装材はオガファーザーかもみの木になるので、選ぶも …

1F4A7807

新潟に大きな地震が来ました

    新潟県、山形県またその付近の地域に、大きな地震が来ました(汗) 自分達の地域は震度4でしたが、中々の揺れを体感しました。 子供達が怖くて泣くくらいは揺れて、我が家の被害は食器棚の中の食器が数枚 …

1F4A3072

クローゼットを見れば分かります。

  クローゼットの中を見れば、その建設会社が家の性質を分かっているかどうかが分かります。 クローゼットというのは、衣類を入れておくのに便利な収納になります。 基本的には、扉がついているクローゼットがほとんどでし …

1F4A6595

もみの木だから快適です

  もみの木の家は、調湿効果と消臭効果に優れた家になります。 それは、内装材がもみの木だからになります。 では、「もみの木を内装材に使えばどんな家でも快適か?」と言う事になるんですが、普通の素材で出来ている家よ …

01

わかっていないと「サラサラ」の家は作れません

  もみの木の家は床がサラサラです。 それも、1年中ですね。 普通の家の場合は、カラーフロアはもちろんの事無垢の床でも塗装がかけてある。 結果、足に水分があったり梅雨時の場合なんかは床がベタベタになります。 気 …

「もみの木」で繋がるお客さんと工務店

  「もみの木は高級材です」と言うよりも「天然乾燥、柾目、無節」の材料は高級ですと言う事になります。 まず、柾目で無節の材料を建築材として取るには樹齢200年は最低超えないと取れません(汗) イメージ的には、神 …

1f4a9451

「何でも作れます」は危険という事

  住宅会社の考え方は「お客さんが望むなら、どんな家でも作る」になります。 つまり、携帯電話屋さんで言えば、ガラケーも売るし、アンドロイドも売るし、iPhoneも売ると言う事になります。(なぜ携帯電話屋さん?( …

1F4A6576

専門店でございます

  自分の場合「ラーメン食べたい」と思ったらラーメン屋に行きます。 自分の場合はですが、ラーメンを食べにファミリーレストランには行かない訳です(笑) なんで行かないかと言うと、ファミレスよりもラーメン屋の方が美 …

1F4A6600

床の選び方で寒い家になります

  床の硬さで、寒い家か暖かい家かが決まります。 温度を見れば快適な数値を指しているのに、なぜか寒い家は床の硬さが硬い家になります。 断熱性能ではなくて、直接触れる部分の熱伝導率の違いで体感は変わる。 熱伝導率 …

« 1 2 3 6 »
PAGETOP
Copyright © MOMINOKI HOUSE(もみの木ハウス) All Rights Reserved.